欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

心で出来上がる

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

 

今日は佐藤康行著「魂は無限能力」から抜粋してお伝えします。

 

「人生自由自在」

 

人生自由自在、自由ではないかと思うかもしれませんが我々の人生をとらえた時に、

 

我々の肉体なのか、心なのかを考えます。

 

私は心という次元で捉えました。

 

心という次元で捉えたら、心というものはどうにでもなるものだと思うのです。

 

皆さんが、大金持ちにこれからなるんだという思い方と、

 

もうすでに私は大金持ちだと思い込める思い方があると思うのです。

 

私は二十歳を過ぎたころは、まだ本当に貧乏で貯金通帳も10万もない時に

 

そういう勉強をしていたり、そう思っていた時に、

 

アッ、俺は間違いなく億万長者になれると思ってしまったのです。

 

間違いなく成功者になる。

 

100パーセント間違いないと思い込んでしまったのです。

 

そう思い込んでしまったから、もうそのための準備をしなくてはならないのです。

 

そのための言動、そのための行動、そのための行いをしなくてはならないと思ったのです。

 

ということはその通りになっていくということなのです。

 

だから、自分にいいことなら、信じ込んだ方がいいと思いました。

 

悪いことは打ち消せばいいと思ったのです。

 

悪いことも、ふっと浮かんでくることがあるからです。

 

その時には心の中で打ち消せばいいのです。

 

そんなことはない、必ず良くなる、必ず良くなるのだと。

 

必ず豊かになる、金持ちになる、人がどんどん寄ってくる

 

素晴らしいのだということを浮かべるのです。

 

そうすると本当にその通りになるのです。

 

本当に気持ち悪いくらいです。

 

私自身本当に驚いているのです。

 


「私の想い」

 

私は今、カウンセラーとして自分に必要なことに取り組んでいます。

 

この仕事は、相手の方の言われることをいかに聞いて、思いを分かり

 

その奥にある真の願いを引き出し、相手の方から悩みの答えをを引き出せるかにかかっています。

 

毎日の電話でも真剣勝負ができます。

 

一人ひとりガチンコです。

 

絶対にやってやるという心さえあれば必ずできるという気持ちになってきました。