欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

どの人もみんな完全完璧

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。
 
今日のお昼は、家の近くの小さな喫茶店に行きました。
 
そこは年配の方が多くいらっしゃっています。
 
お店に七夕が飾ってありました。
 
短冊に書いていることを読み合って、皆さんにこにこしています。
 
「私はぽっくり行きますようにと書いたよ」
 
「私はじわじわと行きますようにと書いたわよ」
 
「私は再婚できますようにと書いた」
 
みんな大笑い。
 
お店のなかはじんわりと温かく癒されました。
 
日本の社会がこのような関係が当たり前になる。
 
世界中が癒しの空間になる。
 
一日も早くこのような世界が来てほしい。
 

佐藤康行著「満月の法則」より抜粋します。
 
『「満月の法則」は学びよりも実践が大切!』

「仕事も人間関係も恋もうまくいかない」
 
「ツキに見放され、にっちもさっちもいかない」
 
人生がいっこうに報われない」

こうした悩みを抱える人たちのために、
 
これまで多くの人生論や自己啓発関係の本が出版されてきました。
 
それらの本には一つの共通点があることをご存じでしょうか。
 
「あなたのこういう点が至らない。ここがなっていない」
 
「だから、こうしなさい。ああしなさい」
 
「そうすれば、うまくいくようになりますよ」
 
要するに、十点、二十点、三十点と加点していく発想です。
 
私の考え方は違います。
 
“まんまる”は「愛そのものの世界」
 
“まんまるは「感謝そのものの世界」
 
“まんまるは「喜びそのものの世界」
 
完全・完璧で、何一つ迷いのない素晴らしい世界。
 
人間はその“まんまる”そのもの。
 
だから、どの人もみんな完全・完璧な存在。
 
人間はすでに生まれながらにして百点満点。
 
点数を上げる必要などないのです。

「自分はせいぜい、二十~三十点程度」などと思ってしまうのは、
 
長らく「横の法則」にどっぷりとつかってきた過去の記憶がそうさせているだけ。

不完全な自分から自分を見るのではなく、完全・完璧から自分を見るようにするのです。