欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

本物の笑顔の力

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。
 
カウンセラーの仕事のスタートを昨日させて頂きました。
 
40分くらいの時間でしたが、たくさんのことを学ばせて頂きました。
 
よし、これからやってやる!
 
腹が座りました。
 
今週の日曜日には、チーム達人満月笑顔福岡の会の二回目目が予定されています。
 
受講生の方のご厚意で、その方の事務所をお借りしてやることが決まりました。
 
しかも、懇親会までご用意して下さるとのこと。
 
もうお礼の言葉が見つかりません。
 
本当にありがたいと心より感謝しています。
 
第一回目も10人の方のご参加頂き、今回はそれを上回りそうです。
 
絶対にご参加いただいた方に満足して頂く内容にする!
 
身が引き締まる思いです。
 
佐藤康行著「絶対にNOと言われない究極のセールス」より抜粋します。
 
「第一印象の良さは本物の笑顔で永続する」
 
〇相手に「会えて嬉しい」と言わせる笑顔を出そう。
 
第一印象が良いのに、その後、評価が徐々に下がってしまう人が結構いるようです。
 
それは作り笑いをしているからです。
 
作り笑いというのは本物じゃないのです。
 
営業笑いと言って、自己中心的な笑いです。
 
お客様にいい印象を与えて、品物を買ってもらおうとするしたたかな笑いなのです。
 
だから、お客様の前では笑顔でも、少し離れればすぐに疲れて仏頂面になります。
 
もし、心からの喜びで、全身の細胞が喜んで笑っていたら、
 
誰に対しても二十四時間本当の笑顔でいられるはずです。
 
そうしたら後から評価が下がるはずなどありません。
 
仏頂面の方がいいなんて人は、世の中にいません。
 
第一印象が良くて、会えば会うほど印象が良くなればいいのです。
 
本当の笑顔には、触れれば触れるほど嬉しくなります。
 
本物のダイヤモンドは、近くで見れば見るほど、その輝きや素晴らしさが分かります。
 
本物のダイヤモンドは、お客様に近くで何度も見てもらった方がいいのです。
 
逆に、ニセモノのダイヤモンドは、あまり近くで何度も見てもらったら困るのです。
 
だから、ニセモノの笑顔じゃなくて、本物の笑顔で接しましょう。