読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

発信者になる

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

26,27日と東京でユニバーシティクラスに参加してきました。

参加者のみなさんの熱心な学習態度にとても刺激を受けました。

今、社会で精神的な病を抱えておられる方が急増しています。

先日も、大手の実績をあげている「電通」で、社員の自殺が労災認定を受けて

捜査が入り、大きな社会問題になりました。

以前、ブラック企業として問題になった「ワタミ」も大きく企業イメージを損ない、

新入社員の激減により、会社が立ち行かなくなっています。

今、社会がブラック企業に対して厳しい視線を向けています。

その流れの中で、今、未然に心の病を防ぐ研修が求められています。

私は、真我で生きることの大切さを伝えていくために、自分で自然な会話の中で

伝えられたらいいなと思って、この研修を受けました。

そのお試しということなのか、帰りの飛行機の中で、仏教の本を読んでいる女性と

隣り合わせになりました。

学長の真我についてお伝えしなさいという天のメッセージかなと思い

やや緊張気味に学長のチラシを渡しました。

すると、私の話にとても興味を示して下さり、会話が弾みました。

ちょうど、企業研修の講座を受けていたので、言葉が自然に出てくることが分かりました。

今日から、第三者を目の前にしての想定で、カラ講演に挑戦していきます。

 

「私の満月物語」

カウンセリングの視聴動画で、マイク先生が、「相手は自分である」ことをお話されていました。

分かったようでわからない感じでしたが、学長のお話で心に落ちてきました。

相手のことをこのような人だと自分の脳が捉えている、自分の心で捉えている。

自分を家だと捉えると、家の中にあるものは誰のものですか?

自分の家の中にある物は、全部自分のものですよね。

だから、相手は、自分のもの、相手は自分なのです。

だから、相手をほめることは自分をほめているのです。

なるほど、そうか、だから、相手を否定することは自分の否定になるということ・・・

そう思えると、全ての人が自分、全ての人を大事にしたい、全ての人が愛おしい・・・