欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

永遠の命を悟る

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日は前回お伝えした「末期がんから生還された方」の後半部分についてお伝えします。

佐藤康行著「未来の幸せと富を先取りする」より抜粋します。

がんになったからこそ、新しい生き方を手に入れることができました。

がんは、彼を神の命に導いてくれたのです。

彼は、がんに感謝しながら生きています。

そして、授かった命だからということで、周りの人のためになることを、一生懸命にやっています。

それが、自分の喜びにとなっています。

がんのおかげで、彼はサンタさんになれたのです。

人生80年、死んだら終わりだという発想では、永遠の命は悟れません。

あなたの命はいつから続いていますか?

お母さんのお腹からオギャーと生まれた時から?

それでは不十分です。

確かに、私たちの命は、お父さんとお母さんから授けられました。

しかし、それだけでは自分の命は生まれません。

おじいちゃんとおばあちゃん、さらにはもっと前のご先祖様がいなければ、私たちは存在しないのです。

そう考えていくと、命のルーツは、ずーっと昔、宇宙の始まりまでさかのぼれます。

では、これから先の未来はどうでしょうか?

同じように、宇宙がある限り続きます。

何十億年か前、どこかわからないところから地球に命がやってきて、

その命が元になって、ある時人間が誕生しました。

地球がない時も、私たちの命のもとは存在していました。

ですから、もし、地球が消えてなくなったとしても、命は消えません。

地球ではないどこかへ行って、何らかの形で生き続けます。

それが永遠の命という考え方です。

その神の命を私たちは授かっているのです。

神の命は肉体がなくなっても存在し続けます。

完璧な命を、私たちはもらっています。

これこそ究極の満月理論です。