読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

人生に語る言葉を変える

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

現場に出て3日目。

厳しさも実感しています。

「こっちくんな」という言葉を浴びせられるとさすがに瞬間まいりそうになります。

しかし、「ない、真我の実践」で立ち直ります。

現場でで担任業務をこなしてある先生方は、このような言葉に自信を失い

不安感や恐怖感に襲われ、心が蝕まれていくのだろうということが

容易に想像できます。「真理の中ではない言葉にもかかわらず・・・・」

子どもに拒否され、居場所がなくなった私はノートに次のような言葉を走り書きしました。

① 自分の真我が本物かどうかテストができる。
② 真我を究めることができる(ない現象の真理をより明確に落とせる)
③ 粘り強さを培える。
④ 認識(五感)をのり越える挑戦ができる…辛い状況程良い。

いつの間にか落ち着く自分がいました。

佐藤康行公式ブログより抜粋します。


宇宙意識が今のあなたの運命を最高のものにする!
こんにちは、佐藤康行です。
三つ目は、人生に語る言葉のマジックです。
言葉には力があります。
それは、人に語る言葉でも、自分に語る言葉でも同じです。
人に語れば、人を動かし、自分に語れば、自分を動かします。
そして、人生そのものに語りかければ人生全体を動かすのです。
あなたの人生がすばらしくなるように、ぜひあなたの人生そのものに語りかけてください。
人生の中では、私たちは、様々な出来事、状況に常に直面しています。
そのたびごとに、
「なんで、こうなっちゃったんだろう…」
といった「過去」に起きたことに対する後悔ばかりの言葉。
「辛いなぁ、苦しいなぁ…」
といった「現在」の状況に対する不満やグチの言葉。
そして、
「こんなんじゃ、きっと最悪の状況になっちゃうなぁ…」
などの、「未来」に起きるであろうことへの不安や心配の言葉。
こんな受け止め方を、そのまま言葉に表していったら、
あなたの人生はますますあなたを「悩ませる」方向に動かしかねません。
そこで、この「人生に語る言葉のマジック」を使ってください。
この「言葉のマジック」を使って生きる人生と、使わずに生きる人生では、
まったく雲泥の差が出るほどの効果があります。
声に出しても心の中でもかまいません。
次のように言ってみてください。
「過去」起きたことには
「これでよかった!」
「現在」の状況には
「ありがたい!」
「未来」に対しては
「だからよくなる!」
ことあるごとに、まずこの言葉を言ってください。
すると、この言葉の力が、あなたが目の前の出来事を自分勝手に解釈するのを阻止します。
そして出来事の本当の意味、真実がより深くわかります。
例えば、何かあって「失敗したなぁ」と感じたら、
すかさず「これでよかったんだ!」と言ってみるのです。
すると、「そうだよな。このことによって自分の人生の幅も広がったし、
成長のチャンスが与えられたんだよな」
「こうならなかったら、一生気づかなかったようなこともいろいろあるな」
と、出来事の奥にある真実が見えます。
今あなたは、家庭や職場の状況に対して「愚痴」や「不満」ばかりを言っていないでしょうか?
「なんで、こうなんだ」「こうなればいいのに…」
 でも、そうやって、「愚痴」や「不満」が出てきそうになったら、
すかさず「ありがたいなぁ」と言ってみましょう。
すると、「そうだよな。このことが自分を鍛えてくれるし、張り合いがあるじゃないか」
「ああ、この状況を解決するために自分がいるんだ。役割なんだ。使命なんだ」
といった、真実が見えてきます。
そして、現状から想像して、まだ起きもしない「未来への不安」が湧き上がってきたら、
「だからよくなるんだ」と言ってみましょう。
「これが、あったから、今後も気をつけられる」
「この経験があるから、こういう分野で人を導けるんだ」
「この状況あったから、この勉強をするんだ」
そうなのです、今あなたの目の前におきていることは、
あなたが人生から享受できる莫大な財産の「種」なのです。
これらはプラス思考ではありません。
「真実を見る」ということです。
あなたの人生に起きるすべてのことの奥に見ることができる「真実」とは何でしょうか。
結論から言うと、あらゆる出来事は、素晴らしい人生を送るために与えられた、
「ありがたい信号」なのです。
でもあなたは、そう言われて無理やり、そう思おうとする必要はありません。
「そうなのかなぁ」くらいでもいいでしょう。
しかし、この「言葉のマジック」を使って、その「真実」を
あなた自身で発見していただきたいのです。
その「真実」を発見できたとき、あなたの「悩み」は一瞬で消え去っていることでしょう。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!