欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

神にチューニング

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日も佐藤康行著「満月理論」より抜粋してお伝えします。

月に真ん丸を求める必要はない

なぜなら、月はもともと真ん丸なのだ

見えるのは、どう見ても三日月

そのあなたの目に映る三日月を

満月という前提で捉えてみる

そうすると、次第に真ん丸に見えてくる

さらに、真ん丸なんだと一晩中見ていると

間もなく夜明けになり

月がくっきりと見えるようになる


真ん丸な月が見えてくる

認識世界が変わるのだ

時がそのようにしてくれる

 

もともと完全で完璧

完全完璧からすべてを見る

相手に完全で完璧を求めることではない

なぜならば

もともと完全で完璧なのだから

自分にも完璧を求めることではない

あなたはもともと完全で完璧なのだから

 

完全で完璧だと言い続けている間に

完全性が浮き出てくる

真ん丸が浮き出てくる

三日月が消えて真ん丸になる

半月が消えて真ん丸になるのだ

「真ん丸になったらいいな」

ということではない


「私の満月物語」

今日歯医者に行きました。

驚いたことに、その医院に「遺伝子とサムシンググレートは教える」の著者である

村上和雄教授の写真が飾ってありました。

この歯科医は「むらつ歯科クリニック」という博多駅前にある歯科医院です。

この医院は次のような理念を提唱されています。

「これまで歯は、単に食べるためだけの道具と考えられてきました。

しかし、それは誤りで、歯には命があります。そして心身の秩序を正し、魂と心と肉体を統合し

人間小宇宙の完全なる調和をもたらし、さらに大宇宙ともつながり、一体となる中枢の臓器です。

真我を極めていると、真我と共通するものに出会うことが多く、びっくりすることだらけです。

村上先生の写真を見て驚いていると、船井幸雄氏の写真も飾ってあり

まるで自分の人生の足跡を見ているような気持ちになりました。

神にチューニングしてもらって、その心を忘れないように真我で行動します。

 


YS熊澤クリニック開院記念福岡講演会のお知らせ

3月20日  13時―17時

八重洲博多ビル11階Aホール

 

お問い合わせ窓口  090-5294-1808(江口)
       
       090-4482-1041(米沢)

 

成長できる楽しみ

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日も佐藤康行著「満月理論」より抜粋します。

この欠けた人たちを

何とか助けてあげなければ

何とかしてあげなければ

この人は欠けていると思っている

本当はどちらに問題があるのだろうか

もともと神として完全で完璧なのだ

救ってやろうという発想ではない

救ってやろうという発想は

欠けた月に

何か足してやろうとしていることである

「あなた、これ欠けているよ

真ん丸じゃなきゃだめだよ

ここが欠けているから、何とかしたほうがいい

私が手伝ってあげようか」と

平気で言っているのである

自分が上になっているのだ

その人を見下しているのだ

人間は今までそのようなことをしてきたのだ

月はもともと真ん丸なのだ

ただ、あなたの目に

真ん丸に見えなかっただけなのである

あなたに見えようが、見えまいが

月はもともと真ん丸なのだ

これが「認識」と「実相」の違いなのである


「私の満月物語」

2017年が始まってから、3月の講演会のことで緊張して過ごしてきた。

実行副委員長として、初めての仕事を全うできるか不安になり

ストレスから健康面で不調をきたすことを最も恐れてきた。

今、その呪縛からやっと解放された。

後は突っ走るだけ。

やっと、少しだけこの企画を、仕事を楽しめる自分がいる

自分がどこまで成長できるか挑戦あるのみ

 

YS熊澤クリニック開院記念福岡講演会のお知らせ

3月20日  13時―17時

八重洲博多ビル11階Aホール

 

お問い合わせ窓口  090-5294-1808(江口)
       
       090-4482-1041(米沢)

 

 

支えて頂ける感謝の思い

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日も佐藤康行著「満月理論」より抜粋します。

「満月と三日月」

すべては、神として完全で完璧

例えて言うなら、夜、月を見る


三日月がある

半月がある

それは人間の認識だ

月には三日月の半月もそんな形はない

月はもともと丸い

月の本当の姿は真ん丸なのだ

これが実相

ただ、あなたの目に三日月と見えるだけ

あなたの目に半月と見えるだけ

「お月様ってどういう形?」と尋ねられたら

三日月の形を書くだろう

それが認識というものだ

「月とは本当は丸いのだ」と

誰かに教えられたとしよう

月が丸いのならかけている部分を

足さねばならなくなる

そして、外から足して丸くしようとする

この欠けた人たちを

何とか助けてあげなければ

何とかしてあげなければ

この人は欠けていると思っている

本当はどちらに問題があるのだろうか?


「私の満月物語」

講演会まで一か月を切ってきた。

東京から早川さんを迎えて、これからの実務の打ち合わせをする。

初めての経験で、学ぶことだらけ・・・

お話を聞くだけでも頭が回らなくなりそうになる。

早川さんは、自分の私的な時間など全くない状態で私たちを支えて下さる。

もう言葉にならないくらい感謝の気持ち・・・

こんな仕事に関わらせて頂くことで、支えて下さる方々の思いを知ることができる。

心の底から有難いと思う。

その思いに応えるためにも絶対に成功させる!


YS熊澤クリニック開院記念福岡講演会のお知らせ

3月20日  13時―17時

八重洲博多ビル11階Aホール

 

お問い合わせ窓口  090-5294-1808(江口)
       
       090-4482-1041(米沢)

 

勝負の時

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日も佐藤康行著「満月理論」より抜粋します。

人間はオンリーワン

地球上に70億人いても

あなたと同じ人はいない

だから生きていること

心臓が動いていること

60兆の細胞が動いていること

あなたのその存在が100点なのだ


生きていること

そのままが100点だとう前提

100点という前提にする

そのままで100点だと言えば

自分を認めることができる

あなたはそのままで100点

たとえ今、0点だとしても

まるまる100点残っている

すると0点がそのまま100点になるのだ

「満月と三日月」

すべては、神として完全で完璧

例えて言うなら、夜、月を見る

三日月がある

半月がある

それは人間の認識だ

月には三日月も半月もそんな形はない

月はもともと丸い

月の本当の姿は真ん丸なのだ

これが実相

ただ、あなたの目に半月と見えるだけ

「お月さまってどういう形?」と尋ねられたら

三日月の形を書くだろう

それが認識というものだ

「月とは本当は丸いのだ」と

だれかに教えられたとしよう

月が丸いのなら欠けている部分を

足さねばならなくなる

そして外から足して丸くしようとする


この欠けた人たちを

何とか助けてあげなければ

何とかしてあげなければ

この人は欠けていると思っている

本当はどちらに問題があるのだろうか?


「私の満月物語」


毎日分刻みの生活を送っている。

今までであれば、とっくにダウンしているだろう。

「真我の実践」の言葉の瞑想の力は計り知れないものがある。

睡眠時間も考えられないくらい少なくなった。

今日は県議会議員の各会派を回ってきた。

初めは緊張していたが、慣れてくるとどんなお偉い方でもおじけづかなくなってくる。

これからが勝負の時。

やりがいがある。

 

佐藤康行・福岡講演会のお知らせ

3月20日  13時―17時

八重洲博多ビル11階Aホール

 

お問い合わせ窓口  090-5294-1808(江口)
       
       090-4482-1041(米沢)

 

 

いよいよ動き始めた

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日も佐藤康行著「満月理論」より抜粋します。


あなたがこの世に生まれてきた

それはあなたしかいない

ナンバーワンでありオンリーワンなのだ

自分しかいないのだから

自分を最大に生かす

自分が何に向いているのか

何に一番力が出るのか

あなたと同じ人はいない

オンリーワン

ただ一人だからもうそれだけで喜びなのだ

 

自信を持つことだ

自分の持っているものを

この世の中に、この社会にないもので

あなたが生かせるのかも知れない


だから人と比べるものではない

 

ほんとうは100点なのに

10点しか出していないとしたら

残り90点ある

80点出している人は残り20点だ

10点しか出していない人のほうが

楽しみだとも言える

だから人と比べて少ししか出していなくても

がっかりする必要はない

残りが貯金みたいなもの

手元にはちょっとしか使っていなくても

普段使っていない貯金がいっぱいある

 

「私の満月物語」


今日は、福岡講演の申し込みの電話が二本有り、私の名前で入金が3人あった。

電話の方の一人目は、女性の方で、少し慌てておられる感じだった。

娘が精神的な病になって、とても心配されていた。

「この講演会はとてもいいと聞いたので申し込みました。」

「大丈夫ですよね」

私は即答した。

「絶対に大丈夫です。

きっと問題に対する心が軽くなられますよ

後で、個人的な質問もできますよ。」

それを聞いた女性の方は、とても安心され、期待しておられる様子がうかがえた。

夜になると、親せきの方から、息子のことでカウンセリングをしてほしいと依頼があった。

いよいよ実践の場が用意され始めた。

何かが動き始めた。

 


佐藤康行・福岡講演会のお知らせ

3月20日  13時―17時

八重洲博多ビル11階Aホール

 

お問い合わせ窓口  090-5294-1808(江口)
       
       090-4482-1041(米沢)

 

 

奇跡に感謝

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日も佐藤康行著「満月理論」より抜粋します。

あなたが満月でとらえていけば

普通に会話していても

相手は自動的に変わっていく


普通に会話しているだけで

相手は変わっていくのだ


「満月教育」

天才

天の才能

天が与えている才能

それは積み重ねてきた力ではない

もともと持っているものを発見する

それは自分自身を発見すること

自分は何者なのか

自分にはどういう才能があるのか

何をすれば自分の才能が最大に出るのか

それを発見していく

 

地球上に70億人いる

しかし、同じ顔の人は一人もいない

だからあなたと同じ人はいない

世界であなたはたった一人

だれかと比べることはナンセンスなのだ

人と比べて落ち込んだり

威張ったりする必要はない

なぜなら同じには絶対になれない

落ち込んだり悩んだりするのは

人と比べたりするからなのだ

同じ顔の人は一人もいない

同じ性格の人もいない

「私の満月物語」

今日、学長のCDを聞いていて、「真我」の捉え方が一歩進めたと思えた。

アイアムは肉体でもなければ、心でもない。

真我が究極の真理。

真我心経の詳しい学長のお話を聞くたびに

心に染み入っていく。

そして、体と心がどんどん軽くなってくる。

周りに起こっている現象に捉われなくなっていく。

この世に生まれて、学長のような方に恵まれるのは

奇跡という言葉以外なんて言えばいいのだろう

何という恵まれた人生。

ただひたすら宇宙に感謝!

 


佐藤康行・福岡講演会のお知らせ

3月20日  13時―17時

八重洲博多ビル11階Aホール

 

お問い合わせ窓口  090-5294-1808(江口)
       
       090-4482-1041(米沢)

 

熱い想い

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日も佐藤康行著「満月理論」より抜粋します。

人間とは心の結晶体

業、カルマ、因縁

闇を持っている同士がぶつかると話は平行線

これが運命の足を引っ張るのだ

これが凝り固まる

それが肉体に出ると病気のもとになる

心に出ると「心の病」になる

これを「三日月の法則」「三日月鏡」という

 

相手の顔に自分が映る

自分の顔が醜い顔なら

醜い顔しか映らない

それにますます落ち込む

その心はどこに行っても逃げられない

どこに行こうが

同じパターンを繰り返す

 

しかし、私の言う「満月の法則」とは

それらとは全く異なるものなのだ

その醜い姿のその鏡の向こうは

「神」であり「真我」であるからだ

真我とは内なる神の心

その三日月を通り越して

満月に満月を映す

満月の反射鏡

「満月鏡」

満月と満月で反射鏡になる

反射することによって三日月が消えていく

業、カルマ。因縁、トラウマが消えていく

消えていって浄化され、きれいになっていく

そして、鏡に映る姿が美しくなっていく

三日月は人間の心

これを消していく

人間の心を浄化していく

するとすばらしい発想知恵が出てくる

そして運命が大好転していく


「私の満月物語」

今日、熊沢医師と実行委員会で話し合いの会食を持ちました。

熊沢医師は、今回の開院に至るまでの自分の思いを語られました。

お話を聞いて、今、病院の医師の方々がいかに厳しい状況下に置かれているのかが心底分かり

衝撃を受けました。

それと同時に、こんなに純粋に患者の方の幸せに思いを寄せて、

真摯に医療に取り組まれている熊沢先生を尊敬し、胸が熱くなりました。

こんな素敵な方と行動を共にできる・・・・

本当に幸せを感じると同時に、これから始まる様々な取り組みを絶対に成功させるという

強い想いが湧きあがりました。

 


佐藤康行・福岡講演会のお知らせ

3月20日  13時―17時

八重洲博多ビル11階Aホール

 

お問い合わせ窓口  090-5294-1808(江口)
       
                  090-4482-1041(米沢