欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

悲しみの向こうに

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

新聞記事より抜粋してお伝えします。

「あかね色の空」

彼女は物心ついたときから横にいて、幼稚園、小、中、高校を一緒に通った。

いつも2人でヘラヘラ笑って過ごした。

高校を卒業して離れるまでは、いつの思い出にも彼女ばかり。

のんびり屋で、人と動物が好きで頭が良くて、

冷静で強くて思いやりにあふれ、とても温かった。

大学に入ってからは、たまにしか会えなくなった。

でも、誕生日のプレゼントは欠かさず贈ってくれた。

家中いたるところに、彼女からもらったものがある。

お互い母になり「子育てが落ち着いたら旅行しようね」

というやり取りがあいさつ代わりになっていた。

絶対行けると思っていた。

プレゼントもずっと、もらえると期待していたのに。

何を贈れば喜ぶか、考える楽しみも奪われた。

まだまだ話したいことがたくさんあった。

お通夜に向かう車窓から見上げたあかね空は、悲しいほどきれいだった。

まさか、最後のプレゼントになるとは思いもしなかった、40歳の誕生日の贈りもの。

添えられたメッセージ「なかなか会えないけど、心はいつもそばにいるよ」が、深く、胸に刻まれている。

温かな心のあかねちゃんは、ずっと、ここにいる。

(主婦・40才)


「私の想い」

介護施設に傾聴ボランティアに行ってきた。

92歳のおばあちゃんは、にこにこしておられ、「私は何も心配することはないです。

本当に幸せです」と言っておられた。

最初の頃は子どもが東京から見舞いに来てくれるお話や、孫が海外から来てくれるお話で

本当に幸せそのものの感じだった。

途中からお嬢さんのお話になり、娘が69歳で亡くなったことを話し始められた。。

私が殺したんです・・・と泣かれ始めた。

「娘が倒れた時に何も考えられなくて救急車も呼べなかった・・・」と。

60分後に救急車が来たときはもう手遅れだったと・・・

どんなに幸せそうに見られる方でも、必ず心に一つや二つ、悲しみを抱えておられる・・・

Nさんがお嬢さんを深く愛しておられたから動転されたのですよ。

お嬢さんも分かっていらっしゃいますよ。

きっと天国でNさんの幸せな生活を喜んでおられます・・・

話が終わると何度も何度もお礼を言われ、涙を流されている。

悲しい話をさせてしまったという後悔と、話す相手が必要だったのではという気持ちが

交錯しながら施設を後にした。

外に出て何度も何度も手を振られるNさんの姿が印象的だった。