欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

イブの日に

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

24日のクリスマスイブの日に教え子である0君に会いに行きました。

彼は小学校の教師をしていましたが、20代の終わりごろ多発性硬化症を発症し

今、寝たきりの生活を送っています。

彼は5冊目の詩集を書き上げました。

彼の詩を読むと心が洗われます。

彼の承諾を得て紹介させて頂きます。

「遠い一日」

明日になれば逢える

長くて短い夜を過ごす

こんな日々を何日過ごすのだろうか。


『「光」と「闇」』

一面だけでなく、様々な顔を持つ自分

本当の自分はどこ?

スポーツが好き、絵を描くことが好き

でも誰かに見せるわけではなく

目立ちたくもない

でも、挑戦し続けたい  自分自身に

それが自分自身の姿だから

いつまでも、いつまでも

良いところを見ていてほしいから。

 

「野の花」

名もない花々

多くはは知らずに枯れ落ちる

でも、一輪一輪が美しい花を咲かせる。

 

「無情」

世の中は無慈悲。何一つ救われない

一つのことさえ救えない

どうしようもない

無情だな・・・


「時の流れ」


いつも気付かない

でも、確実に足を進めている

時は一秒たりとも待ってはくれない

ある意味、冷たいもの


「とりあえず、さようなら」

いつまでも愛しています

だからさようなら・・・

あなたを心から愛しているから。

 


彼に「無情」の詩の意味を聞いてみました。

自分が常に人の助けを得ないと生きていけないことをそのように思っているようでした。

「確かに助けが必要だけど、そのことでいろいろな素敵な人に会えるよね」

私の言葉に彼は穏やかにうなづきながら微笑みました。

彼の力になりたい・・・・

 

O君は花の写真を撮る趣味を持っています。

この詩集のそれぞれの詩には彼の撮った美しい写真が添えらえています。

彼の作品がギャラリーに飾られていたので、見に行きました。

彼の作品を写真に収めて、他の作品も一緒に鑑賞しました。

私という存在が少しでも彼の癒しになってくれることを祈りながら・・・