欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

本当の健康とは

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。
 
今日は佐藤康行著「生き方教室」より抜粋してお伝えします。
 
「本当の健康とは」
 
本当に仕事のできる人は、まず、健康でなければならない。
 
人と会うとき、話をするとき、商談を成立させるとき、不健全な顔で、
 
声で、態度で、心で行っていて、うまくいくはずがない。
 
健康とは、天から与えられた生命が活きるように、生きることを言うのである。
 
私たちは、病気になるために生まれてきたわけではない。
 
大宇宙の法則と、人間の生命を活かすために生まれてきたのである。
 
天から与えられた生命を健康で明るく、喜びを持って活かすことが
 
人間の基本的な使命なのである。
 
健康になるためには毎日の食事、睡眠、適度な運動を含めた日常習慣と
 
日常の心構えが大切である。
 
中でもダントツに大事なことは、心のあり方、心構えなのだ。
 
この心構えを間違うと、どんなに運動しようが、どんなに良い食べ物を食べようが
 
病気になってしまうのだ。
 
なぜなら人間の身体は、物事を取り入れる以前に、心でできているからである。
 
食べ物だけが生命を活かしているわけではないのだ。
 
心が生命を含めたすべてを活かしているのである。
 
それを物理的に割り切って、人間の身体を“もの”として捉えると
物は物で解決しようとするから道を誤るのだ。

「私の想い」

私はこの本のこの箇所を何回も読んだつもりだったが、全く意味を理解していなかった。
 
同じ内容を読んでもその理解の仕方一つなのだと体感できた。
 
学長はよく、私たちの身体は心の結晶体であると言われる。
 
それを分からない私たちは、食べ物さえ選べば健康になれると錯覚している。
 
私たちの身の回りに起こる出来事、出会う人、出会うもの、
 
それら全てにどのような心構えで生きていくのかが
 
健康な体で生きられるかどうかを決定している。
 
生きることに余裕のない人たちはそのようなことなど
 
考えることもないことは容易に予想できる。
 
健康、人間関係、お金、全ての問題のマスターキーが
 
「満月の法則」であることは間違いない。
 
私の部屋に張っているメモ紙の言葉
 
「三日月は無い」
 
「満月もない」
 
「あるのは真満月だけ」
 

「三日月は満月」
 
「満月しかない」
広告を非表示にする