欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

前提を認識で捉えると

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。
 
今日は学長の言われる満月という認識レベルで捉えられない「前提」について、
 
限りなくこれに近い認識次元で捉えることに挑戦してみます。
 
昨日、テレビの番組で、侍ジャパンの小久保監督と
 
女子サッカーの元監督佐々木監督の対談がありました。
 
お二人が共通して言われていたのが「信じる」という言葉。
 
佐々木監督・・・メンバーを決めて、自分のゲームプランを信じて戦況を見れば
 
試合の状況に一喜一憂しない。
 
小久保監督・・・やることをやってスタメンを決めたら手帳の中でずっと言い続けていたのが
 
「信じる」
送り出した選手を信じるしかない。
 
信じられていることは選手にも通じる。
 
信頼されることは一番力が発揮できること。
 
満月という前提で捉えて、信じて疑わない。
 
もしかすると、信じることにおいても段階があるのかもしれない。
 
確信の「信じる」。
 
一点の迷いもない、一点の曇りもない「信じる」
 
もうそれそのものになりきる。
 
その意識次元になり切った時に、エネルギーが変わる。
 
磁場が変わる。
 
そのエネルギーにあった現象を引き寄せる。
 
人間が真我であるという前提から1ミリもずれない。
 
今、目の前で起こっていることは満月そのものという絶対的確信。
 
愛そのものという絶対的確信。
 
今の私が「前提」を認識レベルの言葉で表すとこの表現になりました。

佐藤康行「真我の体現」
 
まず実行してください、体感を味わったあなただから。
 
あとから無限に真我があふれてくるのです。
 
行動で真我をあらわしてください。
 
真我か観念化選別する必要はありません。
 
細胞がもうすでにわかっているのです。
 
今すぐ実行することです。
 
100%自分からです。
 
観念だろうが真我だろうがどちらか考えなくても良いのです。
 
結果は後から出ます。
 
人生は立体高速道路のようなものです。
 
それが自覚できれば人生が何倍も密度が濃くなります。
 
その立体高速道路の上の道がはるかに素晴らしいのです。
 
「真我の体現」続きは明日のブログにて