読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

満月で観る

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。
今日も新聞記事より抜粋してお伝えします。
語るー人生の贈りものー
幻覚を描きとめる だから早い
前衛芸術家   草間彌生

《草間さんは1929年3月22日、長野県松本市で種苗業を営む裕福な旧家に末娘として生まれた。
しかし、父親と母親の人間関係は必ずしもしっくり行っていなかったという》

父は家をあけがちで、私が10歳ぐらいのときには、よく行き先を探しに出かけました。
冬の雪が降っているときでも行きました。
体はどんどん冷えるのに、なかなか見つからない。
母の機嫌も悪くなる。
ほんと辛い時代で。
小さいころから絵を描きたくて、絵描きになりたかった。
でも私をいい家に嫁がせたい母は絵を描くことに反対で、
描いた絵をめちゃめちゃにしたり、絵の具皿をひっくり返したり。
畳の上に絵の具が飛び散りました。
それを片付けないとまた怒るし。
食事の時間になると、あなたは家の手伝いもしないし、
自分の事しか考えていないから食べさせないと言われることもしょっちゅうあった。
母に何とかして可愛がられようとして、レンゲ畑に行って花束をつくり、
お母さんにあげても、絵ばかり描いていてと、その花束を蹴飛ばしちゃったんです。
蔵に閉じ込められたこともあります。
《母親とみられる女性を描いた10歳ごろの絵には、顔にも水玉が浮かんでいる》
あれは幻覚なの。
そういう生活の中ですっかり心がだめになってしまって、
あのころ、一人で夜道を歩いていると、急に空がパッと明るくなって、
山の向こうの方に幻覚が現れたり、花が語りかけてきたり。
幻覚、幻聴が本当に悪くなって。
今もいっぱい出てくる。
幻覚なのか、視覚の中に現れてくる不思議な物体がある。
それを描きとめる。
だから、描くのが早いの。
この年になるまで独りで絵ばかり描き続けて、朝から晩までめちゃめちゃ描いて、
結局、何とかして自分の悲惨だった子供時代を取り返したい、
人間らしい姿になって、前衛作家として世の中のためになりたい。
そういう気持ちでした。