欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

真我瞑想の凄さ

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

 

昨日瞑想の素晴らしさについて触れました。

 

今日は真我瞑想について書かせて頂きます。

 

4月からずっと続いていた体の不調。

 

今日やっとその原因を突き止めました。

 

新しいクリニックで、カウンセラーや、瞑想指導を担当することの

 

プレッシャーからくるストレスであることが分かりました。

 

3時に目が覚め、体は元気なのに起きれない、だるい。

 

眠ろうと思っても眠れない。

 

気がつくと「無い」「無い」「無い」の瞑想をしていました。

 

しばらくすると、うん?何か変わってきたぞ!

 

そのまま、「無い」「無い」「無い」を繰り返していると起き上がれました。

 

そして、元気な時にしていたストレッチヨガができます。

 

その間も「無い」「愛の光」「無い」「愛の光」を繰り返しました。

 

体の辛さの正体はストレスだったのかとやっと気がつきました。

 

そういえば、メンタルヘルス講師の受験に行くときもすごいプレッシャーで

 

胃痛がしてきたときに、「無い」「無い」を自然に繰り返してどんどん症状が取れていったことを思い出しました。

 

心臓の手術後、心臓が痛むときに、学長に出会って真我瞑想の本を読んでいたので

 

「無い」「愛の光」を繰り返すうちに症状が軽くなることにびっくりし

 

これは間違いない、体の細胞が真理を知っているんだと感激したことを思い出しました。

 

今までは朝早く起きた時には、必ずきつくなって再度布団に入っていたのが

 

今日はこの瞑想で過ごしていると全く元気で、日頃しない仕事をどんどんさばいている自分がいます。

 

学長に出会った時に読んでいた「一瞬で宇宙と一つになれる真我瞑想」の本を読み直しました。

 

こんなに凄い本だったのかと衝撃を受けました。

 

よし、徹底的にこの真我瞑想を追求してみよう。

 

腹が座りました。