読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

波動・言葉・心

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日も佐藤康行著「魂の開発講座」より抜粋してお伝えします。

言葉には三種類あると言われている。

一つ目は頭に訴える言葉、二つ目は心に訴える言葉、三つ目はすべて(魂)に訴える言葉である。

この三つ目を波動という。

人間が生まれ変わるときに波動が全開するのである。

波動は何かと言うと愛なのである。

波動の言葉とは愛の言葉なのである。

その言葉を振りかけられるだけで人間は生まれ変わるのである。

人間は言葉でできている。

人間は心でできている。

心が変われば言葉も変わるのである。

良い言葉が響き渡れば良い細胞に変わるのである。

魂が蘇ってくるのである。

一刻、一刻を大切にしなければいけないのである。

人間の問題点は言葉なのである。

障害になるものは恨み、辛みである。

その反対は喜びと感謝と愛である。

それが魂とカチーンと合うのである。

魂というのは神の心である。

そして、人間の心と神の心を蘇らせるのである。

それが愛なのである。

解決策がないと思っていたことには解決策があるのである。

例えば病気でも病気になってしまったならば、治す力が同じようにあるのである。

我々の心は少し間違うと全然反対の方向に行ってしまう。

心は自分のことを先に考えると自分のためにならないのである。

これは面白いのであるが、人のことを先に考えれば自分のためになるのである。

ばらばらに人間は立っているから自分のことをやれば自分のためになるのではないかと思う。

しかし、そこが人間の浅知恵なのである。

人のために一生懸命やるから結果的に自分のためになるのである。

魂は一つなのである。

宇宙の心は一つなのである。

皆繋がっているのである。

自分の中の魂に触れれば誰も憎い人はいないのである。

今まで悪い人だと思っていた人も本当はそうではなかった、

皆いい人なのだと発見することができるのである。

その人のことを恨んでいたと思い込むことが

結果的にはその人を好きになるきっかけとなるのである。

であるから、これも一つの愛の現れなのである。


「私の満月物語」

「人間は言葉でできている」

「人間は心でできている」

この二つの文章が心に留まる。

昨日、生活リズムが崩れ、体調を崩した。

何度も何度も繰り返す同じ失敗。

夜中に起きて、自分で期するものがあった。

二度と繰り返さないために強い決意を言葉に記す。

今までも何度も繰り返してきたことだが

今回は今までとは違う。

自分の目標を明記し、繰り返し読む。

学長の二つの文章が心の奥に響き渡る。