欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

人間の本体は真我

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日は佐藤康行著「神のメッセージ③」より抜粋します。

「どの次元でも本体は真我」

人間はみな等しく真我の存在である

真我とは、宇宙意識、内在する神、全体意識

歓喜、あるいは愛と感謝の心、仏心などと表現できる。

真我は、人間の最も奥深い部分に内在するただ一つの実相であり、

それより浅い部分に無限の意識次元が存在する。

あの人は意識が高い、この人は意識が低いという言い方をするが、

意識が高くても低くても、その中間でも、人間は等しく真我なのである。

意識の高い人が優位で、低い人は劣るわけではない。

みな、過程なのだ。

今、どの意識次元で生きていても、それは一つの過程であり、変化していく可能性があるのである。

しかしながら、どの次元であっても、その奥にある普遍の真我が、我々の本体なのである。


「私の満月物語」

我々の認識は三日月でしかとらえられないようにできている。

どんなに三日月に見えても、その奥にある真我でとらえる。

それを前提に置く。

相手に完璧を求めない。

何が起きてもただひたすら真我の実践を唱える。

脳でとらえないように。

「二度とない一度の人生だから」より一部抜粋

二度とない一度の人生だから

だから私は、魂を自覚し愛の固まりで

人と社会の中で生き抜きます

二度とない一度の人生だからだから私は、愚痴や不満のない

喜びに溢れた人生にします

二度とない一度の人生だから

だから私は、人の失敗、迷いを

大きな心で包みます