読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

認めたものが現れる

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日は佐藤康行著「神のメッセージ3」より抜粋してお伝えします。

「認めたものが顕れる」

物事の捉え方は、その人の捉え方である。

この人は良い人、この人は悪い人と捉えているのは、その個人の捉え方に過ぎない。

善い悪いは、その人の心が反映するものであるから、固定的な実体はないのだ。

認めたものが現れるという、心の仕組みがあるだけなのである。

この人は良い人と認めると、その人は良い人になる。

この人は悪い人と捉えたら、その人は悪い人になるのである。

良い人と認めたら、その人の良い部分をどんどん発見することになる。

その発見が、更に、その人は良い人だという確信につながる。

このように、全ては、自分が認めたものが現れる世界なのだ。

心は非常に便利なものなのである。


「私の満月物語」

今日取り上げた「認めたものが現れる」という学長の言葉は

とてつもなく深く、深遠で、我々が自分の人生を作り上げていく過程で

最も重要視するべき事柄だと思う。

これこそが最も悟りへと近づく道。

学長は私たちの認識はすべて妄想だと明確に述べておられる。

「満月の法則」「美点発見」

真我で生きていくための最高のメッソドであると確信する。

裁いている自分に瞬間で気づく。

今まで原始仏教の中で、批判的に認識し続けた脳を

真逆から捉え直す。

少しずつ少しずつ新しい脳が形成されていくのが分かる。

幸せを実感できる

 


YS熊澤クリニック開院記念福岡講演会のお知らせ

3月20日  13時―17時

八重洲博多ビル11階Aホール

 

お問い合わせ窓口  090-5294-1808(江口)
       
       090-4482-1041(米沢)