読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

意識次元をあげる

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日も学長の山梨講演会で出された「満月理論」より抜粋します。

私たちは記憶によって成り立っている

記憶をもとに判断する

第一印象も過去の記憶をもとにしている

直感も過去の経験をもとにしている

それが業、カルマ、因縁という

夜空の三日月を見て真ん丸には見えない

三日月という月が空に浮いているのか

月はもともと真ん丸だ

 

ゆえに真ん丸という前提にする

これを人間関係に例えると

不完全な部分、問題点を見たら

みんな問題があることになる

そのように扱えば、当然、向こうも反撃する

その記憶が積み重なって

相手から責められたり

自分を責めたりして

うつ病になったり、落ち込んだりする

それが三日月

三日月が三日月を責める

三日月に優しい顔をすると

向こうもそれを返してくる

自分の出した態度で

相手も同じような態度になる

それを「鏡の法則」という

しかし、さらにここから先がある

これこそ世界初


「私の満月物語」

実行委員の仕事が忙しくなってきました。

かたや、ビー○○もしないといけません。

時々心がてんぱりそうになります。

その時は、なぜ今この地点にいるのか、何を求めているのかを考えてしまいます。

学長の言われる「大聖は街で悟る」を実践したいからここにいる。

ここに戻った時になぜかほっとする自分がいます。

実行委員会の仕事については、達人の会の西森さんに具体的な貴重なアドバイスが頂けます。

東京の永井さんからは、だれを訪問するかについて、いろいろとアドバイスを受け、

自分では分からない大切なことに気づかせて頂いています。

永井さんは、国会議員や大企業の社長、テレビ局のトップの方など次から次へと

学長や書籍の紹介をしておられます。

これはサンタセールスで、相手に相手を売るという

究極のセールスと同じことをされていることが分かりました。

行動すればするほど自分の意識次元は上がっていかれていることが手に取るように分かります。

これはおもしろい。

私もやり遂げてみたい!

 

佐藤康行・福岡講演会のお知らせ

3月20日  13時―17時

八重洲博多ビル11階Aホール

 

お問い合わせ窓口  090-5294-1808(江口)
       
       090-4482-1041(米沢)