欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

真我の実践瞑想を初めてから、様々なことが変わり始めました。

まず一番の収穫は心の安定です。

どんなことが起きても対処できそうな自信が出てきました。

昨日、減薬の会に福岡講演会のチラシとミュージックセラピーのチラシをもって

内容の紹介をしてきました。

その会では、本当の自分について質問が出ましたので、自分なりに説明はしたつもりでしたが

かなり納得できないような感じもありました。

でも打ち解けていろんなお話ができて良かったなという思いで会場を後にしました。

翌日、責任者の方から、一緒に学習することで来てもらうのはいいが

真我などの宣伝活動はお断りしますというメールが届きました。

以前の自分なら、落ち込んでしまい、復活に時間がかかったと思いますが

今回はさらっと流すことができました。

東京の永井さんからアドバイスを頂けたのですが

私たちは説得することをしているのではない。

紹介をして、駄目なら、そうなのですねと言うしかない。

「一人でも多くの方にこの情報を知ってもらうことを

一番にしていくことが大事だと教わりました。」

このアドバイスで相当楽になりました。

何があっても動揺しない心。

その時その時に最も適切な行動ができるようになる。

この瞑想で自分が変わっていくことを観察するのが楽しくてたまらなくなりました。

杉浦先生の瞑想セミナーで頂いた資料から抜粋します。


「瞑想とは」

・瞑想とは本当の自分真我に意識を向けるために行う。

病気を治したり、仕事がうまくいくように、お金が入ってくるように、

人間関係がスムーズにいくようにということを目的に瞑想をするのではありません。

きっかけにするのは良いと聞いております。

・瞑想とは本当の自分真我に意識を向けるために行う。

行った結果、継続し、続けた結果、頭では考えられないような

素晴らしいことが起こってきております。

 

佐藤康行・福岡講演会のお知らせ

3月20日  13時―17時

八重洲博多ビル11階Aホール

 

お問い合わせ窓口  090-5294-1808(江口)
       
                  090-4482-1041(米沢)