欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

自覚したものが顕れる

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

昨日から東京で、メンタルヘルス企業講師の試験を受けました。

お陰様で、なんとか合格できました。

試験を受けるのは大学受験以来になるので、

相当なストレスになっていたことが分かりました。

このようなストレスは、分かっても、

試験前などの心理状態では克服することはかなり厳しいことも分かりました。

一番力になったのは真我瞑想でした。

瞑想は私たちの五感を乗り越えるためには、

必須なものであることを確認することができました。

今日は、YSユニバーシティの講座があったので受講しました。

講座で感じたことは、発信者側に立った時、

私たちの私見に陥らないように注意することの大切さです。

学長の言葉以外のときは、「あくまでも自分の感じたことです」

というように、参加者の方に明確に区別してお伝えしないといけないことを

確認できました。

あと、マイク先生のお話で、質問して、

真理の世界を自分なりに確信できたことはとても自信になりました。

これからやらなければいけないことは山積していますが、

真理が分かる楽しい世界、自分高める世界、社会に貢献できる世界なので

やってやろうという自分がいます。

佐藤康行著「神のメッセージ」より抜粋します。

「自分を認めきったとき、無限の力が出てくる」

自分自身を認めた分だけ、力は出てくるのである。

自分自身を認めることが、自信を持つということである。

百の力があるのに、一しか認めなければ一しか力は出ない。

しかし、十認めれば、十の力が出、三十認めれば、三十の力が出る。

百の力があることを認めた時、初めて百の力が発揮されるのだ。

百の力を認めて訓練をすれば、今まで眠っていた力が出てくるのだ。

自分が持てる百の力を、全部認めるようになることだ。

百の力を全部認めるようになるには、あなたが神であることを自覚することだ。

なぜなら、神は百%だからだ。

もともとある自分自身に気づけば気づくほど、意識は高まるのである。

自分を認められるようになることが、あなたの人生を素晴らしいものにすのだ。


「私の満月物語」

今日のYSユニバーシティで、マイク岡本先生は、このように仰いました。

何が一番ポイントか?

それは自覚することです。

相談者が「自覚できないんです」という場合。

自覚できるという前提でその方向に行くしかない。

本人が自覚できないものは「無い」世界で、顕れない。

自覚することの大切さを分かるため、サイババの言葉を引用されました。

「私も神、あなたも神」

私は自覚しているけど、あなたは自覚していない」

現象が顕れる三次元の世界では自覚したものが顕れる世界なのですね。