読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

障害は財産だ

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日も癒される記事からご紹介します。

「ババの出番」

スーパーでの買い物中、アッシー君の夫が「おい。ババ。また出番だよ」という。

見てみると、大声でなく男の子を抱っこしたお母さんが、困り果てていた。

私は男の子の前に行き、「何歳かな?」と、自分の指を1本、2本、3本と出す。

2本目で男の子の泣き声が小さくなった。

これでババの勝ちが見えた。

だめ押しで、すかさずほめる。

「僕の帽子、ステキ。いいよ。似合うよ」

泣き声はなくなった。

母親に「ありがとうございました」と会釈された。

帰り際、バイバイと手を振ると、母親に抱っこされた男の子が返してくれた。

そればかりか、母親の肩越しに、指ピストルで撃ってきた。

ババが大げさに「やられた」と倒れるまねをしたら、すっかり笑顔になり、

また「パン、パン」と撃ちながら店を出ていった。

様子を見ていた店員さんからも、お礼を言われた。

そんな話を娘にすると、「(子どもと)精神年齢が近いんじゃない」と言われた。

そうか、と納得している。

子どもが泣きやんでくれて、若いお母さんから笑顔が出ると、私もうれしくなってしまう。

(長野県松本市 美容師76歳)


佐藤康行著「ほんとうの自分、ほんとうの人生」より抜粋します。

「障害は財産だ」

先天性障害として生まれてきた子どもがいます。

例えば、生まれつき手や足がない、あるいは脳性麻痺などの

重大な障害を背負っている人が少なくありません。

古来、宗教では先天性の障害を、因縁や業が深いということで片付けています。

障害を背負っている人に対して業が深いとか、因縁が深いという言い方をする人は、

全然心のことが分かっていないと思います。

駄目な人に百回、駄目なんだと聞かせたらいったいどうなるのでしょうか。

ますます落ち込んで駄目になるでしょう。

心というのは、思った分量だけ増えるのです。

ですから、相手から駄目と言われたら、「駄目」という思いがますます増えます。

ということは、ますます業も増えるということです。

しかしそれは、あくまでも心の世界でしかありません。

その奥の魂、ほんとうの自分に目覚めさせた時に、人間は完全な宇宙そのものであり、

愛そのものであり、神そのものであることを自覚することができるのです。

それを自覚すると、因縁や業などというものはとたんに消えてしまうのです。

それは、たとえ生まれつき腕が曲がっていようと体がどうなっていようと、

魂の奥から物事を見たら、たいした問題ではありません。

そこからが出発なのです。

どんな人だって、オギャーと生まれた時に既にそれぞれの性格を持っています。

赤ちゃんでも性格はあるのですから、真っ白ではありません。

それと同じと思えばよいのです。

腕がどうなっていようとも、目が見えなくとも同じだと思えばよいのです。

そこから出発、それを土台としてどう考えるかの方が大切なことなのです。

まずはほんとうの自分に気づく。

そして、もう一つ重要なのが、今が出発である、

与えられている現状がスタートラインであると考えることです。

生まれ落ちた時、金持ちであろうが、貧乏であろうが、

障害者であろうが、それが最高の出発なのだと自覚することが大切なのです。