欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

音に表れる心の姿

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日は高田さんの福岡でのピアノリサイタルがありました。

生の演奏はとても心に響きました。。

私は音楽の専門家ではないので、詳しいことは分かりませんが

高田さんのピアノの音がどんどん変化していくのには本当に驚かされました。

音楽は演奏家の心であることを気づかせて頂きました。

同じ曲を演奏して頂いたのに、全く違うのです。

エリーゼのために」の曲は最初と最後に弾いて頂いたのに、全く違う曲でした。

同じ人方が弾いているとは思えませんでした。

高田さんの表情も時間とともに穏やかになられ、同時に音色が変わっていきます。

その場の雰囲気に合わせて、曲を決めていこうと思いますの言葉に

演奏家とリスナーは一つなのだと感じました。

曲を聞きながら様々な思いがこみ上げてきました。

真我の心は、演奏曲に魂を溶かしている趣が感じられ、聞く人の心が揺さぶられます。

演奏会の後の懇親会も楽しく、いろいろと勉強になりました。


「私の満月物語」

少しずつ、自分の自信が感じられるようになりました。

学長は認めたものだけが現れると言われます。

自分で気づいた才能は必ず書き留めて、何度も読み返し、心の中に落としていくことが

とても大切だと感じました。

自分は、人の役に立ちたいんだろ、何をやっているんだ、そのことに徹底しろ!

出会う方々の全てに、その思いを忘れるな!

心の声が聞こえてきました。

この声を忘れずに一瞬一瞬を生きていきたい。