欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

自分の心を映し出す鏡

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

YS講師養成講座で東京にいます。

行く途中の学長のCDで、私は横の関係、鏡の法則が理解できていないことに気づきました。

学長はセミナーをされている時に、私はここにはいません。

私は皆さんの心の中にいるんですよ、と言われます。

100人いれば100通りの学長の捉え方が存在します。

確かにその通りです。

ということは、自分に出会う、全ての方の印象は、その方ではなく、自分の心だということです。

私は、まだそのことを明確に心に落とし切っていませんでした。

学長は、全ての現象は、真我であり、神の顕れであると言われます。

それはまさしく、私たちの命を生かすものであり、愛そのものであり、決してネガティブなものではありません。

自分に出会ってくださった方に、マイナスの心が出ていることに気づいたならば

その瞬間に、我に返らなければなりません。

自分の心のゴミを映し出してもらっているからです。

そのように考えると、全ての現象に感謝できそうな感じがします。

宇宙と一体になることは感謝であると分かっているけれど、なかなか心がついてきませんでした。

宇宙意識になる、真我の心になる、偽我に支配されない・・・

少しづつ少しづつ分かってくる自分がいます。

「私の満月物語」

この人生は、夢物語である。

実在するものではない。

私たちが、認識で捉えるものすべては、幻であり、妄想であり、真実ではない。

私たちの人生は夢の中でゲームをしているようなものです。

ゲームをするのであれば、楽しいゲームをしたいものです。

いつもニコニコと笑顔で、相手が勝って喜ぶ姿が見られる。

相手が勝つとは、自分に出会ってくださる方に、真我のプレゼントができることです。