欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

意識次元の上昇

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日は「減薬ダイアローグカフェ」という学習会に参加してきました。

知り合いの方に教えて頂き参加したのですが、その素晴らしさに言葉を失いました。

心の病で、やむを得ず薬を服用されている方々が、減薬や、断薬の情報を交流され

自分本来の健康について、情報交換をされていることが分かりました。

世の中には、輝いておられる方々がこんなにも身近な場所で活躍されている

ことが分かり感動しました。

また真我と重なることが多くて驚いています。

会の情報コーナーの中で、医療/リハビリテーションモデルからエンパワメントモデルへシフトする

というのがありました。

例えば、医療/リハビリテーションモデルでは「あなたの障害は永久的なものです」は

エンパワモデルでは「あなたは完全に回復します」。

医療の「あなた自身が病気です」はエンパワでは、

「あなたは(苦痛を感じている)今でも何一つ欠けるところのない人間です」

医療のモデルのネガティブ性に今の医療の実態を感じ、エンパワの言葉に真我の響きを感じました。

今、世の中は、意識次元をあげる流れがものすごい勢いで始まっていることを痛感します。

特に若い世代の方に、意識の高い方が多いことにびっくりしています。

地球のアセンションと関係があるのではと思っています。

今、私のまわりで、ものすごい変化が起こっているのを感じます。

学長に会う前、波動の情報に触れている頃、「ワクワクする心にはそのようなことが起こってくる」と

聞かされ、どうしたらそんな気持ちになれるのだろうと、自分には縁のない世界だと思っていました。

今、心の底からワクワクしている自分がいます。

こんな気持ちは人生で初めてです。

佐藤康行著「たった2日であなたを神に目覚めさせてみせる」より抜粋します。

「全てのものは一つの命」

この銀河系には何千億という星がある。

その銀河系のような星の集団が、この大宇宙にはまた何千億もあると言われている。

私たちは、その広大無辺の大宇宙の中に浮かぶ一つの惑星、地球に住んでいる。

全てのものは大宇宙そのものである。

大宇宙の中の地球に住んでいる私たち自身も、宇宙そのものなのである。

宇宙以外のものは何一つ存在しない。

宇宙の全てが一つのエネルギー、一つの命として息づいている。

宇宙のエネルギーとは神そのものである。

生命のエネルギーと宇宙のエネルギーは、同じ一つのエネルギーだ。

永遠の命であり、全体の命。

永遠の命とは、宇宙の存在そのものであり、そこには過去も未来も存在しない。

全体が一つの命、生きとおしの命である。