欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

悩み、心配、妄想は「無い」

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日は、前の資料を見ていて、目に留まった受講生の方の資料を掲載させて頂きます。

「私の人生、今まで悪いことなんか1つも無かった!!

と言っても、嘘になりません。

なぜか。

人生最悪の、命にかかわった経験が、「ダイヤモンドの宝だった」

となってしまったからです。

それほど悪くない経験は、結局、全部良いことになります。

真我は答えが先。

「これで良かった!」

死んでも、良かった。

学長が「口グセにしましょう」とおっしゃっているから、

口グセにしているだけです。

不器用な私は、良いこと、悪いことを区別しようとすると、

それだけで、朝から何時間も考え込んでしまい、日が暮れます。

不器用だから、全部「良い!」と言い切ることしかできない。

(うつのときは、180度真逆でした。)

2日間で、えいやっ!と猛烈な勢いで、「最悪」から「最高」にハンドルを切ってしまったから、

そう簡単には戻せない。


不器用で良かった。


「私の満月物語」

今は自由に時間を使える日が続いています。

夕方から、なぜか気分が沈みがちで、妻が帰ってからもその気持ちが続きました。

今夜は、下に住む義理の母親とお茶をする日になっています。

何も話したくない気分で、下の部屋に移動します。

どうしようこんな気分で・・不安に襲われます・・・

学長の言葉を思い出しました。

言葉には、心を変える力がある・・・

「元気、元気・・・」を繰り返していると、不思議に明るく応対ができます。

一日、一人で過ごすからこんな気分になるのか?

明日から生活を変えないといけないか?・・・

前もこんなことで悩んだことを思い出しました。

悩み、心配、妄想は「無い」

無いものに対して「こうだと認識、決めつけた途端にその方向に向かってしまう」

二階に上がって、気がつくと熟睡していました。

目が覚めると、今までの重い気分はすっかりありません。

なんだ、疲れていたのか・・・

カウンセリングでも、悩み、苦しみは無いことを

明確に自分に落として臨まないといけません。

自分の世界で、なかなか、このレベルを乗り越えられない自分がいます。