欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

五つの見る

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日は、昨日の「五つの見る」の続きをお伝えします。

佐藤康行著『悩み解決「明快」答』より抜粋します。

③一点を見る

第三の「見る」は、「一点を見る」です。

これは、より具体的ではっきりとした目標を見つめるということです。

悩みは、現実と理想とのギャップから生じます。

このギャップを明確にするということが、問題を整理するということです。

「① 現実を見る」では、現状を冷静にとらえるということを述べました。

そして、一方で現状を見ると同時に、他方で、期待・理想が

何であるかを適切にとらえることが重要です。

あなたの限られた時間、限られた生命を、いろいろなことに使って消耗してしまうと、

結局、何もできずに終わってしまいます。

自分にとって最も価値のあることは何か、最優先すべき目標は何かを、

心を整理して確認し、そのことに最大の時間とエネルギーをそそぐことが大切です。

④全体を見る

第四の「見る」は、「全体を見る」です。

これは、悩みから少し離れて、悩んでいる状況の全体を見渡すということです。

私たちは、いろいろな人間関係の中で生きています。

悩みの多くは、そうした人間関係の中で、生まれます。

つい私たちは、目の前の悩みにとらわれてしまいますが、

悩んでいるあなたの周りで、人々が常に動いているということに意識を向けることは重要です。

一度立ち止まって、全体を展望する。

すると、周りの人々に支えられているということに気づきます。

そして、そのことに感謝するという視点から、あなたの悩みを眺めてみて下さい。

悩みとのほどよい距離が生まれ、自分の悩みはたいしたものではなかったとか、

自分の悩みの原因はここにあるといったことに、思いがけず気づくかもしれません。

⑤真実を見る

最後に、第五の「見る」は、「真実を見る」です。

あなたの悩みの奥にある真実を見るということです。

では、ここでの真実とは何でしょうか。

それは、私たちの目に映るものはすべて、過去の結果であるということです。

それは、私たちの思いが、後から形となったものです。

悩みもそうです。

悩みも、私たちの過去の思いの結果として生じるものです。

そして、その思いは、私たちの性格、心の習慣から生まれます。

つまり、悩みの原因は、私たちの心の習慣にあります。

それが、悩みの真実です。

この真実を見る視点が、いまわしい悩みを、あなたを成長へと導く黄金の鍵へと変身させます。

本書を最後までお読みになれば、そのことが分かるでしょう。


「私の満月物語」

私は最近身体が、とても健康になりました。

真我に出会ってから、心臓病が治っていったのですが、

今、さらに健康を増進する商品に出会ったこともあり、以前とは体質が全く変わりました。

その商品の販売にも関わることができて、今まで聞き続けてきた

営業プログラムを実践できることがとても嬉しく、

心を成長させることに挑戦していきたいと思っています。