欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

五つの見る

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日は学長のお話の中の「五つの見る」についてお伝えします。

今まで五つの見るは何度も聞いていたのですが、どういうことかなのかわかりませんでした。

「満月の法則」を買うためにジュンク堂書店に行ったとき、佐藤康行のコーナーがあり

感激して本を眺めました。

その中に「悩み解決名快答」という本に目が留まり、購入してみると

「五つの見る」の詳しい内容が載っていました。

今日と明日のブログで紹介させて頂きます。

「悩みを整理する法則」

このように、書いて問題を整理するとき、ちょっとした、でも効果抜群のコツがあります。

それは、悩みを見る視点を変えるということです。

悩みを見る視点として、五つあります。それは、

① 現実を見る
② 未来を見る
③ 一点を見る
④ 全体を見る
⑤ 真実を見る

の五つです。

私はこれを「五つの見る」と呼んでいます。

① 現実を見る

第一の「見る」は、「現実を見る」ということです。

悩みに振り回されることのないよう、そして、悩みにきちんと向き合うために、

悩みを抱えた自分のありのままの姿、見たとおりの姿を冷静に見ることが必要です。

自分や他人の、良い部分も悪い部分も、目をそらすことなく、

すべてを具体的に見ていきます。

そこには、できるかぎり個人的な感情を入れないほうがいいでしょう。

今、自分が痴おかれている状況や、自分の価値観などを

自分自身で把握しておかなければなりません。

そうすることで、初めて、悩みをふくんだ目の前の現実を

しっかりと見ることになるのです。

② 未来を見る

第二の「見る」は、「未来を見る」です。

これは、先を読むということです。このままいくと自分がどうなるのか。

それを冷静に見るのです。

今までの状態をつづけた時の、未来のあなたを想像してください。

その時のあなたは、自分にとって、満足のいく状況にあるでしょうか。

それとも、残念ながら、そういう状態にはないでしょうか。

人生において、現時点の生活パターン、ライフスタイルをつづけると

どこに行くのか、自分の目標は何かということを見定めることが重要です。

自分自身の未来について、方向をしっかりと定める必要があります。

「私の満月物語」

私は以前からお金がもう少しあれば、余裕をもってセミナーを受けられるし

講師の養成講座も受けられる。何とかしたい。

お金の問題が頭から離れませんでした。

最近、この貧乏があるからこそ、それを解決しようとしていろいろなことに挑戦して、

前向きな気持ちで生活できていることに気がつきました。

今、この状態が満月なんだと心の底から思えるようになりました。

本当に今充実して、幸せいっぱいです。