欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

天国と地獄

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日は、佐藤康行著「たった2日であなたを神に目覚めさせてみせる」より抜粋します。

「天国と地獄はすべて心の世界にある」

天国とか地獄とは、ある一定の場所のことを言っているのではない。

それは心の状態のことを言っているのだ。

心が大調和していれば天国、不調和なら地獄にいるということである。

生きながらにして、天国にも地獄にも住むことができるのだ。

天国とは真我のことをいう。地獄とはカルマの世界である。

真我が本当の自分であるから、天国はすでに私たちの中にあるのだ。

自分で地獄というものを認めた時に地獄に落ちるのであって、

それは自分だけの一人相撲のようなものである。

幸せな家庭の中にいても「私は不幸だ」と言っていたら不幸になるのと同じだ。

本体そのものはいつでもみな天国にいる。

もうすでに私たち七十一億人は天国にいるのだ。

そのことに目覚めればいいのである。

本当は地獄などは存在しないが、地獄だと思っている存在があるのだ。

真我そのものが天国であるから、私たちはすでに天国にいる。

すべて心の世界である。

過去の記憶に縛られて、地獄だと思えば地獄だが、

真我が完全に自分のものだと思えば、その場から天国になるのだ。

地獄と天国は内なる世界にあるのであって、外の世界にはない。

肉体が滅んでも、想念がそのまま縛っていたとしたら、死後もその延長になってしまう。

真我を悟ることができず、苦しみの想念そのものを自分だと思っていたら、

肉体がなくなってもその想念だけが残る場合がある。

それを霊体もしくは幽体と言う。

肉体があろうが滅びようが、天国を見たときはいつでも天国、地獄を見たときは地獄なのだ。

 

配信停止をご希望の方はご遠慮なくお申し出ください。