読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

史上最長の研究が明かす幸福な人生の秘密

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

学長はこの世のすべてが人間関係であると述べておられます。

その中には自分との人間関係も含んでいます。

自分の人生の運命を方向付けると言っても過言ではないでしょう。

アメリカのハバードで、75年間にわたって700人余りの人生を追跡した

画期的な調査が行われた内容がテレビで放映されました。

二日間に分けてこの内容をお伝えします。

二度目の内容になる方もありますがどうぞよろしくお願いします。

 

史上最長の研究が明かす幸福な人生の秘密

健康で幸せに生きるためには何が必要なのでしょうか。

ゆくゆく最高の人生を手に入れたいとしたら、今、何に時間と労力を費やしますか?

最近こんな調査がありました。

今の若者の人生の一番の目標は何か。

80パーセントの人が金持ちになると答えた。

また、50パーセントの人が人生の重要な目標は有名になること。

世間はよくこう言います。

「仕事を頑張れ、もっと努力しろ、もっと成功しろ」と。

だから、それがいい人生を送るための必要条件だと思ってしまう。

実際のところどうなのか。人生どんな選択をするとどうなるのか。

それははっきりとは分かりません。人生に関する知識は基本的に人々の体験談から

得られたもの、そして人の記憶というのはあいまいなものです。

いろんなことを忘れてしまうし、偽りの記憶がつくられてしまうことだってある。

では、人々の人生をリアルタイムで観察できたらどうでしょう。

十代の頃からずっと見ていく。彼らの一生を追ってゆく。そして幸せと健康の秘訣を探る。

これをやりました。

ハーバード成人発達研究史上、最も長い人生に関する研究です。

我々は75年前から724人の男性を追跡調査。

彼らの仕事や家庭生活、健康等について調べてきました。

もちろん何が起こるかなんてわかりません。このような研究は極めてまれです。

たいてい10年以内にダメになります。参加者が減ってしまったり資金が枯渇してしまったり

研究を続けられる人間がいなくなってしまったりして打ち切りになります。

でも我々の研究は幸運と研究者たちの粘り強さに支えられて、今も続いています。

最初の参加者724人のうち、およそ60人が今でも参加。

その殆どは今、90代です。そして今では2000人以上にのぼる彼らの子どもたちも参加。

で、私は4代目の責任者です。始まりは1938年でした。

対象は2グループのの男性。一つのグループはハーバード大学の学生でした。

彼らは第二次世界大戦中に卒業。多くは戦争に行きました。

もう一つのグループは最貧国層の青少年、貧しい子供たちを集めたのです。

当時、ボストンで最も苦しい生活をしていた家庭の子どもたち。

安アパートで生活、水道がない家庭も多かった。

まず最初に、参加者一人一人に話を聞き、健康診断を受けてもらい、さらに親にも話を聞きました。

そして彼らは大人になり、様々な職に就きました。

工場で働く人、弁護士、レンガ職人、医者、一人はアメリカ大統領になりました。

アルコール依存症になった人、統合失調症になった人もいます。

社会の底辺からトップに上り詰めた人もいます。逆に転落した人もいます。

この研究を立ち上げた人たちは思ってなかったでしょうね。

75年後、まだ研究が続いていてこうして発表することになるとはね。

今も、二年に一度、研究スタッフが、参加者に電話をかけて、

またアンケート送ってもいいか確認しています。

貧困街の人はよくこう言います。まだやるの。なんで?。俺の人生なんかつまらないだろう。

ハーバード出の人はそんなこと絶対言わない。(笑い)

参加者にアンケートをお願いするだけではありません。

実際に会って話を聞きます。健康状態もチェック。血液や脳の検査もします。

子どもたちにも話を聞きます。あと夫婦のプライベートな会話を録画させてもらいます。

10年ほど前、奥さんたちにも研究への参加をお願いしたらこう言われました。

「やっと参加できるのね」

それで、どんなことが分かったか。参加者の人生に関する何万ページの資料から分かったこと。

それは、富や名声、一生懸命働くことの大切さについてではない。

この75年にわたる研究から分かったのは・・・・

『いい人間関係』が幸せと健康の秘訣だということ。

我々は3つの大きな教訓を得ました。

一つ目の教訓。人とのつながりは良い。孤独は悪い。

家族や友人や地域とのつながりが強い人は幸せだし、健康だし、長生きします。

つながりが弱い人よりも。

そして、孤独は害を及ぼします。

自分が望むようなつながりを持つことができていない人は、幸福度が低い、健康の衰えが早く出る。

脳機能の低下も早く起こる。寿命も短くなります。

悲しいことに、アメリカ人の5人に1人が、孤独を感じているといいます。

そして、集団や結婚生活の中でも、孤独は起こりうる。

それで、二つ目の大きな教訓。重要なのは友達の数や、結婚しているかどうかではなく

身近な人たちとの人間関係の質。

いざこざは健康に非常に悪い。

例えば、喧嘩ばかりしている愛のない結婚生活、おそらくそれは離婚するよりも悪い。

温かい人間関係は、私たちを守ってくれる。

研究参加者が80代になった時、我々は彼らの中年の頃のデータにさかのぼって

何が80代の幸せと健康につながるのか調べてみました。



この続きは明日、お伝えします。

配信停止をご希望の方はご遠慮なくお申し出ください。