読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

大失敗から未来を先取る

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日は昨日の続きをお伝えします。

佐藤康行著「未来の幸せと富を先取りする」より抜粋します。

彼は「大成功者になる未来」を、この体験によって

先取ったのです。

もちろん、私のところへ来るまでは、そんな意識はありませんでした。

そのことに気づかないまま過ごしていたら、恨みやつらみ

後悔ばかりを募らせてしまって、運命の大転換に

たどり着けなかっただろうと思います。

そうならないためには、次のように考えるのです。

彼の体験は、一般的に言えば、失敗です。

それも大失敗。

しかし、私に言わせれば、大失敗をしたことで、

彼は、失敗はこういう展開の中で起こってくるんだということが

骨身にしみてわかったはずです。

詐欺師はこういう手口で接近してくるとか、

自分がこんな気持ちだったから付け入られてしまったとか、

たくさんのことを失敗から学びました。

普通に生活していては、得られないことです。

彼は、難しいネットワークビジネス

大成功しているくらいの卓越したビジネスセンスがあります。

そこに、こうしたら失敗するよというノウハウが加わったのです。

いかがでしょうか?

そのノウハウを自分のものにして、

失敗をしないビジネス展開ができるようになれば、

もう成功するしかないのです。

そのために、手ひどい失敗をしたのです。

失敗したことで、失敗しない未来を先取りしました。

だから、私は「良かったね」「あなたは大成功者になれるよ」と言ったのです。

彼の目が輝きだしました。

これから徐々に立ち直って頑張ろうという話じゃないですよ。

彼は、今、この時点で、もうすでに

大成功者になってしまっているのです。

そして、この方は、今回の体験を通して、

未来を先取りするにはどうしたらいいか、その方法まで手に入れました。

これからは、何が起こっても、彼は動じることなく、

未来を先取りながら生きていけるでしょう。

それも、大失敗があったからこそ、先取りできたものなのです。

さて、この話から読者の方に学んで頂きたいのは、

大失敗をしなさいということではなくて、日ごろの小さな失敗から、

未来を先取るという習慣を身につけるということです。

失敗を失敗として終わらせず、この失敗によって、

どんな未来を先取ることができたのだろうと考えてみるのです。

そして、未来を先取れたことを大いに喜び、感謝することです。

日ごろから、未来を先取ることを意識していれば、

この方のような大失敗をすることは防げるのです。

学長は、一つの事柄の捉え方は無限にあるといわれます。

以上、佐藤康行著「未来の幸せと富を先取りする」より。

私たちは宇宙という大自然の中ですでに愛された存在であることに気づき

一つ一つの現象は、全てが私たちへの愛であると捉えることができる。

自分の都合で、自分だけの視点から考えて、不平不満、批判、

周りのせいにして、対立することもできます。

全ては、自分で選択することができます。

しかし、そのような心で、言葉や行動をしている限り

自分の運命を自らの手で引き寄せることはできないでしょう。

全ては自分事だからです。


私たちはもうすでに完璧な存在です。

もうこの場から、幸せになれるのです。

配信停止をご希望の方はご遠慮なくお申し出下さい。