読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

自分の使命

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日は佐藤康行著「神のメッセージ③」より抜粋してお伝えします。

「頭と真我の違い」

私たちは頭で考えて、言葉を使い、行動する。

頭で考える世界は、その人の価値観の世界であって、人それぞれ違う。

自分の損得勘定や、過去のできごとの影響、

あるいは学習してきたことなどが自分の言動につながる。

そしてそれは、こうなったらよいというように自分の都合の良い結果を求めてしまって、

その結果が自分の思いと違うと落胆したり、その出来事を未来にまで引きずることにもなる。

例えば、自社の利益だけを考えてシナリオを作って行動しても、顧客とトラブルになりかねない。

一方が良くても、一方は良くない不調和の世界である。

考えて誘導すると、このようなことが起こる可能性が高い。

では、真我の世界はどのようになるかというと、結果が先なのである。

真我の発想は、このような場合はこれと決まった答えはない。

その瞬間に、過去にも未来にも捉われない、最適な方法が出てくるのである。

自社の利益も確保しつつ、最大限、今、目の前にいる顧客の利益にも貢献するという

知恵やアイデアや言動が、その時に出てくるのである。

それは、あらかじめ用意したものでは間に合わない。

今、その瞬間に最適なものが現れる。

そして、その結果の意味は後から分かってくる。

これで良かった、これはこういう意味だったのだと、頭で理解できるのである。

自分も相手も生かすことのできる、大調和の全く新しい世界なのである。


「私の満月物語」

昨日、一つの決断に迫られた。

ビー○○の仕事を辞めるか否かというもの。

経済的な理由からと、その商品の魅力から社会に広めたいという思いがあった。

○○の研修会に顧客を誘ってくるという課題が求められた。

自分には今の時点でできないことを伝えたが認めてもらえなかった。

今までの自分であれば、全力で課題に立ち向かえたはずだが

エネルギーが湧いてこなかった。

本当の使命はカウンセラーであることは十分すぎるほどわかっている。

この状況は、自分に何かを決断しろと力が働いている。

同じタイミングで、岡田社長のメッセージが現れた。

「即断即決」の大切さ。

やっと自信をもって決断することができた。

一つのことを追求すればそこには無限の世界が待っている。

脳内モルヒネ

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。))

今日は佐藤康行著「神のメッセージ③」より抜粋します。

「脳内モルヒネ

人間には自然治癒力という機能が備わっている。

自然治癒力とは、その名の通り、自然に治癒する力である。

宇宙の働きとは、もとに戻ろうという働きである。

切り傷をしても、何日か経つと自然に治るように、私たちには自分の中に治す力を持っている。

感謝や愛の心が出てきたら、体内から調和のエネルギーがどんどん出てきて、自然治癒能力が高まる。

感謝、愛、歓喜などは宇宙の心であり、宇宙の心は、創造した状態に戻す働きをするのである。

病気になったら、その病気にすら感謝し、周りの人に感謝することができたら、

体内から治癒する物質が分泌されて癒すことができるのである。

不調和な心は病気を引き起こすが、調和した心は病気を治すことができるのだ。

自分で、脳内モルヒネをいくらでも出すことのできる、

愛と感謝の力が私たちには備わっているのである。


「私の満月物語」

今日、熊本の友の会に参加した。

そこでいろいろなお話をした。

不思議なことに、その中で、今の自分は最高に幸せであることに気がつかせて頂いた。

学長に出会ってから、自分では求めていた心の平安は得られていた。

しかし、いろいろな方々が目に見える結果を出されているお話を聞きながら

何か自分はまだ結果が出せていないことをふと考えることがあった。

しかし、学長に出会って、将来真我でこういう生活をしたいと夢見ていたことが

今現実になっていることに今日初めて気がつかせて頂けた。

人間は如何に欲の塊であるかということが良く分かる。

学長に出会ってから、初めて自分が心から幸せであることに気がつかせて頂けた。

真我を追求してきて本当によかった。

講演会の実行委員会をしてきたご褒美を頂けたと思っている。

さあ、今日から新たな出発ができる。

人間の本体は真我

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日は佐藤康行著「神のメッセージ③」より抜粋します。

「どの次元でも本体は真我」

人間はみな等しく真我の存在である

真我とは、宇宙意識、内在する神、全体意識

歓喜、あるいは愛と感謝の心、仏心などと表現できる。

真我は、人間の最も奥深い部分に内在するただ一つの実相であり、

それより浅い部分に無限の意識次元が存在する。

あの人は意識が高い、この人は意識が低いという言い方をするが、

意識が高くても低くても、その中間でも、人間は等しく真我なのである。

意識の高い人が優位で、低い人は劣るわけではない。

みな、過程なのだ。

今、どの意識次元で生きていても、それは一つの過程であり、変化していく可能性があるのである。

しかしながら、どの次元であっても、その奥にある普遍の真我が、我々の本体なのである。


「私の満月物語」

我々の認識は三日月でしかとらえられないようにできている。

どんなに三日月に見えても、その奥にある真我でとらえる。

それを前提に置く。

相手に完璧を求めない。

何が起きてもただひたすら真我の実践を唱える。

脳でとらえないように。

「二度とない一度の人生だから」より一部抜粋

二度とない一度の人生だから

だから私は、魂を自覚し愛の固まりで

人と社会の中で生き抜きます

二度とない一度の人生だからだから私は、愚痴や不満のない

喜びに溢れた人生にします

二度とない一度の人生だから

だから私は、人の失敗、迷いを

大きな心で包みます

分け隔てなく人を助ける

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日も感動的な記事からご紹介します。

ひと

野球日本代表のヘッドトレーナー

河野 徳良さん(52)

 

試合終了の瞬間、肩を落とす侍ジャパンの選手たちをベンチの奥から見つめた。

むせび泣く声も聞こえる。

「皆さん、よく頑張った。素晴らしいチームでした。」

初めて代表チームのトレーナーを務めたのは、20歳代前半の1988年野球世界選手権

以来、多くの野球の国際大会で、選手をサポートしてきた。

ワールド・ベースボール・クラシックWBC)も第一回から4大会連続でベンチ入り。

選手の治療やマッサージにとどまらず、球拾いや用具運びをすることも。

選手全員のけがの症状はすべて頭の中に入っている。

控えの陸上部員だった日体大の学生の頃、腰を痛めた。

トレーナーに相談したら、「主力選手じゃないと診るのは無理」と言われた。

分け隔てなく人を助けたいと思って、今の仕事の道を選んだ。

気がつけば、もうベテラン。

選手の投げる姿を見なくても、体を触っただけで投げ方が分かってしまう。

「ここの筋肉が張るってことは、少し肩の開きが早いかも」

選手たちは目を丸くする。

普段は日体大で準教授としてトレーナーを目指す学生を指導する。

WBCで世界一になった第1,2回大会でもらった優勝リングは授業で学生にはめさせている。

「日本のトレーナーの技術はすごい。

世界で活躍してほしい」との思いから。

金色だったリングは色がはげ、「もう黒ですわ」

 

「私の満月物語」


私は、なぜこの記事に心を打たれたのか考えてみた。

「分け隔てなく人を助けたいと思って、今の仕事の道を選んだ」

学長の「全ては一つ」につながるところかもしれない。

学長に出会った時に感じた、こんな人見たことないと思ったていたこと・・・

幼少の頃、両親が里親になり、子どもたちのお世話をしてくれていた。

母は大好きだったが、私と里子を違う意識で見ていたことが許せなかった。

この記事を見てふと幼少の自分を思い出した。

熊澤クリニック開院記念講演大成功!

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日は新聞記事より感動した内容をお伝えします。

3月1日は次女の高校の卒業式でした。

中高一貫で6年間通った学校で、長女のときも含めると8年になります。

次女が5歳の時、私は白血病と言われ、昨年1月には乳がんが見つかり

「卒業式。見られるかな」と覚悟したときもありますが、無事に見守ることができました。

最後のホームルームで、お世話になった担任の先生がこんなことをおっしゃいました。

「子どもたちを親御さんに無事お返ししますという人もいるけれど、僕は違います。

この子たちはこれから自分たちの世界に羽ばたくのですから、むしろ「行ってらっしゃい」と送り出します。

だからお返ししません」

いい言葉だと思いました。

そして最後の子どもたちのあいさつは「さようなら」ではなく「行ってきます!」

保護者からは「行ってらっしゃい!」との声。

笑顔いっぱいの旅立ちでした。

これから自分の道を進んでいく子どもたち。

その背中をいつまでも見守っています。

そしてちょっと疲れた時は羽を休めに、いつでも帰ってきてください。

飛び立つ世界が晴れ渡り、追い風が吹くことを先生も私たち親も祈っています。

卒業おめでとう。

行ってらっしゃい!


「私の満月物語」

「こころとからだが元気になる医療・YS熊澤クリニック開院記念講演会」が

大成功で幕を閉じました。

私は、この講演会の成功を確信していましたが、私の予想をはるか超えていました。

学長の話に魂を揺さぶられ、浩明先生のお話に何度も涙しました。

浩明先生の素晴らしさは、私の感じていたものをはるかに上回りました。

参加者もものすごい集中力で、この内容のレベルの高さを物語っていました。

副実行委員長をして、ちょっときついな、とマイナス意識になっていたことも多々ありましたが

本当にやって良かった、素晴らしいご縁を頂いたと深い感謝の思いでいっぱいです。

全国からご参加いただいた受講生の方々。

本当にありがとうございました。

講演会前日の学長のお言葉の中に次のような内容がありました。

「経済では世界を征服できないけど医療では簡単にできるんですよ

だってだれだって自分の命は大切だからですね。」

講演会の後の懇親会で、下関の西森さんにも同じようなお話を聞かせて頂きました。

覚悟ができました。

世界初のクリニック誕生

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日も佐藤康行著「神のメッセージ③」より抜粋します。

講演会を前にして、今日こそアピールのためにブログを書こうとパソコンに向かい

何を書こうかと学長の本を開くと、このページが現れました。

正に医療講演会にぴったりの内容!

あまりのシンクロに驚いています。

「命として一つ」

医療の世界では、疾患のある部位によって、専門の医師や科が分かれている。

しかし、体はつながっており、目も耳も肺も胃腸も、

さらには心も、体として一つ、命として一つなのである。

それを分離して、その部位だけで考えようとするのは、人間の考えにほかならない。

頭痛がするからと言って鎮痛剤を飲んでも、問題は別のところにあるかもしれないのだ。

肩こりかも知れないし、内臓のどこかに疾患があるかもしれない。

つながっているという自然の摂理からではなく、

物としての分離から見ていては時間がかかるし、

的外れのことをやってしまう可能性があるのだ。

目に見えない心についても、人間は投薬で治療をするということをやってしまう。

心の状態が現象として体に現れるという、原因と結果の法則から施していけば、

打つ手は的確になり、病気は治癒するのである。


「私の満月物語」

いよいよ、講演会が秒読みの段階に入ってきた。

やるべきことはすべてやってきた。

後は天に任せるのみ。

自分の中では大成功の講演会が出来上がっている。

本当に頑張ってきてよかった。

世界で初めてのクリニックの誕生!

どんな世界が待ち受けているのか想像すらつかない。

でも希望で満ち溢れている。

この歴史的出来事に関わらせて頂いた幸せ。

何と表現していいかわからない。

今まで応援して下さった全ての皆様に心からお礼を言わせて頂きたい。

本当にありがとうございました。

明後日お会いできるのを楽しみにしています。

 


YS熊澤クリニック開院記念福岡講演会のお知らせ

3月20日  13時―17時

八重洲博多ビル11階Aホール

 

お問い合わせ窓口  090-5294-1808(江口)
       
       090-4482-1041(米沢)

 

 

俺たちはできる、信じよう

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日は感動の記事を見つけたので、紹介させていただきます

今、WBCワールド・ベース・クラシックが東京ドームで行われています。

侍ジャパンは全勝で二次リーグを勝ち抜きました。

その記事から抜粋します。

「最弱から始まった」

正直、ここまでの日本の快進撃は予想できなかった。

過去の代表チームと比べて「最も弱いのでは」と思われたチームが、

史上初めて1,2次リーグを6戦全勝で突破し、米国での準決勝への切符をつかんだ。

大リーグ投手を招集できず、大谷や嶋もけがで欠いたメンバーは、

大会までの強化試合など5試合を2勝3敗。

一部選手から「勝てるのか。大丈夫か」と不安の声が上がるほど雰囲気は悪かった。

空気を変えたのが、3月上旬に合流した大リーガー・青木。

ここまでの打率2割ちょうどは、主力選手で最低だ。

だが、中田も、筒香もいう。

「青木さんの存在は大きい。」

12日のオランダ戦。

同点で五回の攻撃を控えた日本の円陣の中心には青木がいた。

「1点を絶対に取ろう。俺たちはできる。信じよう」

第2回大会の世界一を知る青木は「リーダーってわけじゃないけど、

俺は、みんなより少しだけ長く野球をやってきたからね」と笑う。

チーム最年長、35歳の経験が躍進を支えている。

記者(山口裕起)


「青木選手が発した「俺たちはできる。信じよう」

の言葉を読んだとき涙が出ました。

この言葉でどれだけの勇気を与えたことでしょう。

学長は言葉の持つ力の威力を真理の世界から見ておられます。

言葉を使って真我、宇宙意識に焦点を定める。

私たちの無限の力に焦点を合わせる。

こころとからだの医療・福岡講演会まであと4日

俺たちはできる!

確信しています。

 

YS熊澤クリニック開院記念福岡講演会のお知らせ

3月20日  13時―17時

八重洲博多ビル11階Aホール

 

お問い合わせ窓口  090-5294-1808(江口)
       
       090-4482-1041(米沢)