欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

心を聞き取る

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

新聞記事より抜粋してお伝えします。

「懐かしい母の声」

去年の同窓会は、1人で参加していた母だが、今年は私と義妹が同行した。

少し前から認知症を発症してしまったのだ。

母のお友達が「サポートするからぜひ」と誘って下さった。

母は元々話し好きで毎年欠かすことのなかった同窓会なので、

良い刺激になるかもと思い、参加させて頂いた。

久しぶりの大勢の人の中、困り顔で少し離れた私たちをチラチラ見ていた母も、

90歳で参加されていた恩師にパワーをもらったようで、

何とか楽しい時間を過ごすことができ、笑顔で会場を後にした。

翌日、私は久しぶりのお日様に背中をおされ、カーテンを洗濯した。

ついでにガラスを拭こうと思った瞬間、「新聞紙を使って拭いてごらん。綺麗になるから」。

若いころの母の声がした気がした。

子どもの頃、一緒に家のガラス吹きをした時の懐かしい声。

色んなことを教えてくれた母。

今ではほんの少し前のことを何度も真剣な顔で尋ねてくる母。

急に涙がこぼれ落ちた。

涙で一気にぼやけたガラスを力を込めて拭いた。

「お母さんは今を生きている」と自分に言い聞かせながら。

福岡市  女性(51歳)


たとえ認知症になっても、魂と魂の会話はできる。

何度同じことを聞かれても丁寧に答えてあげたい。

カウンセラーを目指している自分はこんなことを考えている。

しかし、実際の介護現場で働いておられる方々は、言葉にならない苦労があるはずだ。

今、介護現場での傾聴ボランティアの申請をしている。

とにかくカウンセラーとしての経験を積みたい。

来年の2月には初孫が生まれる。

初産で、息子夫婦にいろんなストレスがかかることも予想できる。

自分のしていることが家族の力になれると思うと大きな喜びと勇気が湧いてくる。

過去の自分よさようなら

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日は佐藤康行著「神のメッセージ③」から抜粋してお伝えします。

「宇宙意識の完璧」

あなたは、完全、完璧である。

もともと生まれた時から、完全、完璧なのである。

それは、一般的に言われるところの、非の打ちどころがないということでも、

完璧主義ということでもない。

今のままのあなたで完璧ということである。

これから何かを学んで、練習して、身につけるのではなく、

生まれた時からあなたという存在はありのままで、もうすでに完璧なのだ。

なぜなら、あなたは宇宙のの存在であるからだ。

宇宙が生んだものであるからだ。

この世に宇宙の存在でないものは何一つない。

大自然も、動物も、人間も、現象も、大いなる宇宙の存在そのものなのである。

宇宙は大調和の世界であるから、あなたという存在は調和の中にいるのである。

あれができる、これができる、稼ぎが良い、悪いなどというのは、

人間が作った小さな価値観に過ぎない。

人間は、脳で考えることが全てで偉大ことだと思っているが、それは大きな錯覚である。

人間の脳を創ったのは、命を産んだのは、何か。

その完璧に目を向けるのである。

宇宙意識は、人間の脳で考えた価値観などはるかに超越した、

もっと広く高い意識である。

そして、それがあなたの本当の姿なのである。


「私の想い」

久しぶりに学長の本を読んでみた。

この内容は前にも読んだものだが、今回とても新鮮に映った。

そうか、もう人と比べる必要は全くないんだ。

こんなちっぽけな脳で考えるような、判断するような世界とは全く別次元の世界。

それが真我。神。大宇宙。

私たちの真の存在。

どこの大学を出たとか、どこの一流企業とか、性格がどうだとか・・・

もうこの世界から離れられる。

やっと自由が手に入った。

なんだかそんな気持ちになった。

今まで自分に自信がなく、常に人と比べ、コンプレックスの固まりで苦しんできた。

過去の苦しみよさようなら。

これからは、出会う人との縁を喜び、その方が元気になっていかれる道の探求。

心からやりがいを感じる!

 

 

瞬間の認識の怖さ

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

新聞記事より抜粋してお伝えします。

「すれ違う親子」

過干渉で育てられた、と思っている。

父母に加え、祖父母も一緒に暮らしていた。

常に大人の目があり、やることなすこと口出しされ、嫌でたまらなかった。

だから、娘をさずかったと分かった時、「この子の意思を尊重して育てる」と心に誓った。

からしてほしかったことをすべて娘にしてきた。

言われたかった言葉もおしまずに言った。

娘と2人、仲良くやってきた。

そんな毎日に満足していた私に中学生の娘が言った。

「お母さんは私のことどうでもいいんでしょう?」

私は私の理想の親を精いっぱいやってきた。

しかし、私の満足は、娘の満足ではなかった。

娘の言葉で、私はハッとした。

19歳の頃、私も親に言ったのだ。

今回娘に言われたセリフと似た言葉を。

親は驚き「そんな訳ない、心外だ」と怒鳴った。

私はずっと言い当てられて怒ったのだと思っていた。

私が娘を思っていたように、私も親から愛されていたのだ。

こんなにも気づかずに、すれ違うものなのか‥‥

私のこれまでの心のしこりはなくなった。

さあ、これから娘とどう向き合っていこう。


「私の想い」

PIAの講師養成講座を受けた。

その時に強く感じたこと、教えて頂いたこと。

相談者に対して、前の印象をもって接しない事。

瞬間瞬間変わっている相手に対し、偏見を持たないことが最も求められること。

そのエネルギーは確実に相手に伝わり、負の思いを相手に与えてしまうことになる。

学長が読まれた「真我心経」を思い出した。

全ては無い。

変化するものの実態は無い。

私たちが、相手の行動を見て、その時の瞬間の映像を持ち続けることの怖さを思い知った。

瞬間、瞬間、私たちは認識をリセットししなければいけない。

認識をはるかに超えて相手の素晴らしさを感じる脳を生み出す。

挑戦し続けたい。

 

 

KABUTOミュージックセラピー畏るべし②

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日は、一昨日参加したKABUTOミュージックセラピーについてお伝えします。

前回のブログでRIVEでの体験談をご紹介しましたが

セラピーでも感動のお話がいくつもありました。

ある方は私にもいろいろとご相談があり、お話は伺っていました。

よくこんなことを言われていました。

「開発講座を受けているが

なかなか体感がない。

私は観念が強すぎるのかしら。

何をしても、私は涙も出ないということを悩んでおられました。

セラーピーの間に参加者全員による交流が行われました。

みんなで握手を交わしたり、言葉をかけあったりする時間です。

その方と挨拶する番になったときに、思わずハグしてしまいました。

その方はその間、ずっと涙を流してあります。

私はびっくりして驚きを隠せませんでした。

その方の涙を初めて見たからです。

あとで、「私はこのような愛を求めていることが分かった」と仰っていました。

ご自分をどんどん認められて、新たな発見を積み重ねておられる姿に感動しました。

またある方は、今のお金の悩みを訴えておられました。

資金繰りに恵まれず、苦しい状態を心にとめられて、ワークをすすめられました。

その方はとても大きな発見をされました。

お母様が、ご自身が24歳の時に命を絶たれました。

原因はある方の借金の保証人になられたことで、ノイローゼになれたということです。

その方は言われました。

「私はお金は汚いものだと思っていました。

お金の問題さえなければこんなことにはならなかった。

お金を嫌い、お金に罪悪感を持っていた。

それがもしかするとお金をせき止めていたのかもしれない。

でもそれは違うということに今日気がつきました。

そうじゃない。

お金は素晴らしい。

人を救える。

みんなを楽しませることができる。

お金は愛なんだと気づいた。

自分を責めなくてもいい。

自分は愛そのものだと気づいた。

私はこのお話を聞いて魂が震えました。

セラピーの真我を引き出す底力を見せて頂きました。

これから一人でも多くの方にカブトミュージックの素晴らしさをお伝えし

その方の最高の人生のお手伝いをしていきたい。

 

 

 

KABUTOミュージックセラピー畏るべし

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

11月26日に下関、赤間神宮で行われたKABUTOミュージックセラピーに参加しました。

今回で4回目の受講になりますが、この度の体験は半端ないものとなりました。

このセラピーの凄さを、このブログの読者の方に真剣にお伝えしようと思い、書いています。

私の表現一つで、このセラピーの価値の伝わり方が違うので強い責任を感じます。

まず度肝を抜かれたということからお伝えします。

前日に赤間神宮の前の施設でRIVEが行われました。

そこに初参加された方がセラピー当日に、前日のLIVEの体験報告をされました。

その方は、ご主人のお母さんと対立して、顔も合わせたくないほどの関係で

義理のお母様のことをモンスター、ライオン呼ばわりされておられました。

その状態を、コミュニケーションというより格闘技だったと表現されていました。

そんな状態でKABUTOミュージッRIVEを受けられて帰られてみると

自然とそのお母様のことが抱きしめたくなられ、

ハグして涙を流され、お母様に今までのことを謝られたそうです。

私は、本当はお母さんのこと大好きだったかもと気づかれ

今までモンスターにして、ライオンにしていたのは私だったと気づかれたそうです。

私の大好きだった夫を産み育ててくれた偉大な人。

今までお母さんの言葉を「それは違うと心の中で拒否してしまっていた」

これはこれでいいんじゃない、ああそうなんだ、受け取りました。

ありのままのお母さんを素直に受け取れる。

その思いがお母さんにも伝わり、お母様が次の日にきんぴらの料理をごちそうして下さったそうです。

お母様に食べてと言われたのに、夫がそれをおからに入れてしまったので食べられなかったと笑顔で報告なさっていました。

ミュージックセラピーでの出来事であれば、今までにもすごい体験を何回も聞いてきました。

初受講で、しかもLIVEだけの参加でこんな劇的な体験を目の当たりにして

言葉を失いました。

KABUTOミュージック、畏るべし!

これからこのRIVE,セラピーはとんでもないことになると確信しました。

明日は第二弾をご報告いたします。

命を無駄にしない

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

学長のセミナーを受けて、今東京にいます。

夕食を取りに居酒屋に寄りました。

そこで聞こえてくる懐かしい音楽。

私が若いころ、夢中になって歌っていた音楽や、学生時代を思い出す曲のBGM。

感無量になって涙が溢れました。

たまらなくなり、スマホで当時の曲を聞いていると、長渕剛の「close your eyes」がかかりました。

特攻隊に出撃する前の若い兵士が宿舎をお世話する女性と写真に写っています。

セミナーで学長がお話された内容を思い出し、また涙が止まらなくなりました。

戦後満州で暮らしていた日本の女性たちがロシア兵に性的被害を受けました。

やっとの思いで日本に還る船の中で、日本列島が目に入るところまでたどり着くと

次々と海に飛び込んでいくお話です。

お腹にロシア兵の子を身ごもり、または性の病気にかかったり様々な理由で

家族や恋人への耐えられない思いがあったに違いありません。

今まで学長の怒りの姿など見たこともなかったのに

このお話をされているとき、「いったい何をやっているんだ!」

と学長が涙されました。

私の母も夫を戦地に送りました。

短歌には夫への思いをいつも作品に載せていました。

2歳の子どもも男の子、女の子ともども病気で亡くしました。

以前テレビで学徒出陣の映像を見る機会がありました。

雨が降る中、明治神宮外苑を男子学生が行進していきます。

それを涙で見送る女学生の姿。

何ともやりきれない、強烈な印象が忘れられません。

無念の死を遂げていかれた数限りない方々のためにも

自分の命を無駄にしてはいけない。

心に誓いました。

足で考える

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

最近、いろいろな方との出会いが増えてきました。

私が会いたいと思っている人と、気がつくとお会いできていることが良くあります。

学長は人との縁が化学反応を起こすと言われます。

出会いはまた新たな出会いをつくりだします。

今、私が行ってみたいところは、名古屋のあいかんグループ

岐阜の渡辺さんがされている「にじむすび」です。

YSメソッドで結果を出してあるところがすごいと感じています。

こういうところで働いておられる方々は、会ってお話をするととても癒されます。

意識レベルが高く、いつも愛と感謝で行動しておられるからそのような気持ちになるのでしょう。

今日、メンタルパワーズのスタッフの方にお電話を頂き、素晴らしい言葉をプレゼントして頂きました。

それは学長の「足で考える」という言葉です。

史織さんが22歳の時、学長から贈られたそうです。

感激しました。

実践に二の足を踏んでいる自分に最も必要な言葉でした。

やりたいことがたくさんあります。

まず一つに絞って集中していきます。