欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

全ては一つ

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日は佐藤康行著「魂は無限能力」より抜粋してお伝えします。


どんなつらいことや悲しいことがあったとしても、

今を良くすれば過去も良くなるということなのです。

なぜならば過去は今の心の中にしかないからです。

ですからオセロゲームのように今という時に白い石を置くと全部白になり良くなっていくのです。

過去、つらい時は泣いたりわめいたりしたことでしょう。

その時には最悪だ、と思ったでしょう。

しかし、だからこそこういう人間になれて、人の痛みも分かるようになったのです。

自分も経験したからこそ人のことも分かるようになったのです。

何も苦労していなかったとしたら、つまらないでしょう。

能面のような味気ない人間になってしまうでしょう。

いろいろな人生経験を踏まえて味が出てくるのです。

今を良くすると、過去が全部良くなります。

心の底から過去に感謝することが大事です。

正にオセロゲームです。

今を、明るく前向きに積極的に夢を持って目標をもって

プラス思考で愛と感謝の気持ちで素直な心で全身を満たしたら、人生が周りが変わってくるのです。

本当にそういう心になって行動したとしたら、そういう思いが想念になります。

想念とは何かというと、未来に形となって現れてくるもの、それが想念なのです。

今の我々、それは実は過去の影なのです。

現在のように見えるけれども実は過去において自分が思ったり、

やったりしたことが今現れているものなのです。

ということは、今、現在起きていることは幻だということです。

じゃあ本体は何か。

それは今、思っていることです。

思っていることが本体で、それが将来に現れてくるのです。


「私の想い」

ブッダは心が世界をつくると仰いました。

学長のお話は心の奥底に染み込みます。

今の心が未来を創る。

今の心に全てがある。

傲慢と正義感が、私にとって最も恐ろしい敵です。

自分が正しいと思った瞬間、宇宙の真理からずれてしまう。

全ては一つ。

一つの世界から離れることは、調和から離れること。

ここに全てがあると感じています。

 

完全完璧を受け入れる

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

kabutoさんの音楽を聴きながら、今までの学長の「宇宙の真理」を聞き続けて

ふと、思いが湧きあがってきました。

メモしたことを書いてみます。

宇宙は完全完璧で、大調和している一つの世界。

人間もその一部だから、すべてが完全完璧。

邪魔をしているのはこの人間の五感、認識。

癌になるのも、うつになるのも、宇宙から観たら大調和、完全完璧。

でも人間の立場からするとそれは耐えられない。

同じ完全完璧でも、もっと幸福な完全完璧にしたい。

そのためには、思いを宇宙に合わせるしかない。

人間の脳で捉えた思い、認識がそのような現象をつくりだしていいるだけ。

ではどうするか。

それを宇宙から捉えなおせば良い。

宇宙はすべてが大調和、愛しかないので、今起こっている出来事をすべて愛として捉えなおす。

完全完璧なものとして捉えなおす。

これで良かった。

ありがたい。

だから良くなる、と捉えなおす。

ただそれだけを淡々とやるだけで自分たちの身の回りに起こる現象は様変わりしていく。

そのためには、生命の源の愛いっぱい、感謝いっぱいの心を引き出して、心の大掃除をしないといけない。

それに、認識を変えるワークをやり続ける。

そして瞑想をする。

これは生命の源の心に常に焦点を当て、業、カルマ、認識から離れること。

いつもいつも心が落ち着き、感謝で満たされる。

なんて幸せなことだろう。

山の法則、谷の法則

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

昨日の鈴木さんのブログに学長の著書「天運を拓く」より次のような内容が載っていました。


~人の長所に目を向けよ 自分にもその長所が得られる~

また、よく人の悪口を言う人がいますが、悪口は言った本人に必ず

同じものが返ってきます。

したがって、悪口を言えば言うほど自分を苦しめることになり、

病気になったり、他人を信用できなくなったりしてしまうのです。

しかし、宇宙のシステムを理解している人は常に他人のいいところを見つけ、

それを褒め、それに感謝しているため、反動して当然、自分にも同じものが

返ってきます。

総ての物事を上手く運びたければ、宇宙のシステムを理解することです。

それは、力みや頑張りのいらない、穏やかな世界ですから、自然と顔つきや

人相までよくなっていくのです。

宇宙のシステムは「力みや頑張りのいらない、穏やかな世界ですから、自然と顔つきや人相までよくなる」

また次のような学長の言葉もあります。

「限られた人生、限られた時間、
 みなさんが一時も無駄にすることなく、
 一時も無駄にすることなくというのは、

 みなさんが、毎日毎日喜びの人生を送るということが、
 無駄のない人生を送るということです。
 ただあくせく走り回るということではないんです。

 あなたがじっとしていても、喜びと感謝に溢れ、
 そしてまわりの人たちの愛に気がつき、
 そして、まわりの人たちと一体であるということを自覚し、
 そのことに目覚めて生きるということが、
 時間の無駄をなくすということなんです。

 なぜなら、それが目的でもあり、終着でもあるからです。

 そして、それが出発でもあるからです。
 今こそ本当の生き方をしましょう。
 本当の人生を歩みましょう。」

真我超能力セミナー上級編で学長は「山の法則」「谷の法則」のワークを

新たに開発され、説明して下さいました。

昨日のチーム達人満月笑顔の会でも取り組みました。

真我の世界はどのようなものか、このワークは素晴らしい気付きが持たされます。

山の法則とは、欲の世界、積み上げる世界、成功哲学の世界

山が積めれば成功

崩れて失っていくと挫折する世界

高くなればなるほど不安定になる

谷の法則は掘っていく世界

掘ったところに自然に入ってくる

それを受け取ればいい

ちゃんと受け止めれば崩れない

向こうから勝手に入ってくる

大きくなった分だけ入ってくる

何が山の法則で、何が谷の法則か?

昨日の会で出たものを一部紹介します。

「山の法則」

・力をがちがちに入れる世界
・苦しい世界
・価値観
・○○でなければならない、こうあるべきと自分を縛る世界
・プライド
・比較する
・不満を抱いている
・足りないことばかりに目を向けている

「谷の法則」
・自分の仕事を楽しんでいる
・ワクワクする世界
・周りの人に喜んでもらう
・与える喜び
・してほしい世界でなく。してあげる世界
・感謝、喜びの世界

 

 

生命は愛である

今日もメッセ-ジをお読み頂きありがとうございます。

今日も新聞記事より抜粋してお伝えします。

加害者家族を支援するNPO理事長

阿部恭子さん(39)

重大事件の加害者家族には自死する人が少なくない。

相談できる専門の窓口がないことを知り、東北大学院で法律を学んでいた9年前、

全国で初めての加害者家族の支援活動を始めた。

NPO法人「ワールド・オープン・ハート」(仙台市)を設立、

苦しみや不安に耳を傾け、法的支援や被害者宅への同行、刑務所での面会、親子面談などもする。

全国から寄せられた相談は計1千件。

約50件が継続中だ。

「あいつの父親、人殺しだよ」。

中学生の時、そう名指しされた男子について「あの子が怖い」と、憧れの塾の先生に相談した。

「君は将来、自分の親と同じになるの?」。

親が犯罪者だからと同一視して差別した自分が恥ずかしかった。

その体験が根底にある。

加害者家族は「自分がこうしていたら」と罪悪感や罪責感にさいなまれ、退職や転校を強いられる。

誰にも言えない苦悩を抱え、隠れるように暮らす。

『死にたい』と漏らし、感情をぶつけてくる。

相談後に自死した人もいた。

容易ではないが、最近やっと「逃げなければ無駄にはならない」と言えるようになった。

支えは「命をつなぎとめたい」との思いだ。

「被害者支援が大切なのは言うまでもないが、加害者家族の存在と現状も認識してもらいたい。

支援で家族が変われば、加害者にも影響を与え、再犯防止にもつながります」

 

「私の想い」

自分たちの知らないところで、命を救う活動をしておられる方がどれだけいらっしゃることか。

こんな記事を目にするたびに、心から尊敬する気持ちがあふれてくる。

アメリカで死刑を前にした囚人の方の言葉を目にする機会があった。

自分が犯した過ちは責任が伴うが、みんな相手のこと思いやり、心からお詫びの言葉を述べ

愛の気持ちを前面に出されていた。

みんな私たちと同じ人間であることを実感した。

生命は愛である。

だからみんな愛を求めている。

神の愛

今日もメッセ-ジをお読み頂きありがとうございます。

今日は新聞投稿記事より抜粋してお伝えします。

「父の優しさ」

おしゃれで、好奇心が強い人だった父。

カメラに蓄音機と、新しいものには何でも飛びつき、

若い頃は押入れが現像室だった、と母は言っていました。

終戦後、引き揚げ者で、貧乏のどん底で暮らす昭和24~25年の頃でした。

ある日、父がラジオを買ってきたのです。

その時の母が、怖い顔で怒ったことを子ども心に覚えています。

きっと「食べることで精いっぱいなのに」と、ぜいたくに思ったのでしょう。

でも私たち姉妹3人は、ラジオの前に座り込み、童話を聞き、童謡を一緒に歌い、

「歌のない歌謡曲」というはやりの番組を楽しんだことを思い出すのです。

晩年も、カメラやラジカセを持って母とよく旅に出かけていました。

「おじいちゃんは優しいのよ。虫の声や小鳥のさえずりをテープにとって、

おばあちゃんに聞かせているの」と娘から聞いたとき、

耳の聞こえが悪くなった母への優しさに胸を打たれました。

苦しい時代にも、ラジオを買って私たち姉妹を喜ばせてくれた父。

愚痴をついこぼしてしまう母に、たくさんの自然の音を聴かせていた父の優しさ。

私にも敬老会の案内が届き、ふと両親を懐かしく思うのです。


山口県柳井市、主婦75歳


「私の想い」

親の愛は神の愛です。

私が初めて子どもを授かったとき、高齢の父は7時間も鈍行列車に乗って

私の子どもに会いに来てくれました。

その妻とはいろいろあって別れてしまいましたが、父の深い愛情は決して忘れることはできません。

私が全く自信を無くして、自分の価値はないと思っていた時

別れた相手の両親の前で(自分はあまりよく思われていなかったと記憶しています)

この子は気立てがいい子です。

思いやりの深い子です。

その言葉はいまだに私の心の中でこだましています。

真我の超能力

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

昨日、一昨日と東京で学長による「真我の超能力上級編」を受講してきました。

もう言葉にならないほど魂動の二日間でした。

学長のエネルギーの凄さを改めて体感できました。

60名くらいの参加者の方々の人生が劇的に変わっていく体験発表もものすごくて

学長に案内して頂ける真我の景色は壮観でした。

これを意識的にやれる方法を徹底的に学ぶことができました。

「絶対にやってやる!」という今までの中では比較にできない決意に満ちています。

自分は内観光受が苦手でしたが学長の主導のもと宇宙瞑想からの指導で

そんな苦手意識は吹っ飛んでしまいました。

これから自分がどこまで進化できるかわくわくしています。


佐藤康行著「魂は無限能力」より抜粋します。

私は太陽だ

私は光だ

私は輝いている

私は明るい

私が人々の近くへ行くとすべての人が明るくなる

私は世界最高の輝きである

光の人とは笑顔で、夢と希望をもって愛に溢れている人です

もっと明るく、もっと輝き、もっと笑顔で

私は太陽だ

太陽はひたすら輝いている

人が見ていようがいまいが輝いている

光の心はすべての問題を解決する

光は速い

光の心は人々の心を明るくし、社会を変え、世界を変え、宇宙を変える

私は太陽だ

 

太陽のように生きていく

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今日は佐藤康行著「魂は無限能力」を抜粋してお伝えします。

仕事でも何でも、人間の心を通過しないものは危険だと言い切って良いのではないでしょうか。

人間は錯覚しやすいからです。

ものすごく儲かったり、ものすごくうまくいった場合、

俺の力はすごいのではないかと錯覚してしまうのです。

この錯覚が別のところでは通じないのです。

よく、気を付けてください。

大切なのは、物の本質を見るということと、先ほど言いました人生を明確にしたら、

その道に光を当てなければならないということです。

暗いと歩けないのです。

暗いと歩けない、それでは明るくするにはどうしたら良いか。

明るい笑顔、明るい心、人の良いところを認める、人間関係をよくする、

そういうことが自分の道に光を当てるのです。

そうすれば落とし穴に落ちるということはまずないでしょう。

やはり、電気を点さなければ何事も始まらないのです。

真っ暗な部屋のずっと奥に自分の欲しいものがあったとします。

真っ暗ですから、ずっと奥にあるものは到底取れないと思います。

しかし、その欲しいものの所にロウソクを一本立てたとしたらどうでしょう。

そうすれば、転んだとしてもぶつかったとしても必ず取れるのです。

ろうそくの光を目標にするのです。

明るい心で自分の道を照らすのです。

毎日毎日が全部楽しくなります。

瞬間瞬間が楽しくなるのです。

例えば、ここにいろいろな方がいらっしゃるわけですが、

商売をしてこれだけのお客さんを掴もうという目標を持っている方がいるとします。

それだけの気持ちだと、目がつり上がってしまうのです。

いやらしくなってくるのです。

そうではなくて、まず、周りの人は素晴らしい人なのだと思うのです。

そうするとパッと光が当たるのです。

スイスイと何事もなく進んでいくでしょう。

目標だけ、数字だけ、というように追いかけていくと人相も変わってきてしまいます。

天の声、インスピレーションが大切なのです。

インスピレーションを出す、そういう訓練をなさった方がよろしいと思います。

私自身についても、はっきり言ってインスピレーションのおかげで

今があると言っても過言ではありません。

考えるのではありません。

パッと湧いてくるものです。

神の声とも天の声ともいうかもしれません。

心の中の曇りが、このインスピレーションを見えなくしてしまっている場合が多いようです。

今の教育の足りないところはそういうことだと思います。

すべて詰め込んでしまっている。


「私の想い」

鉢巻きを締めて○○やらねばという生き方ではないことは自分なりに分かってきた。

自分が光になる。

灯台自身が光に変わる。

太陽のように生きていく。

私に出会った人がみんな輝けるように。