欲望の時代の終わり・本当の自分、真我の時代

精神世界の旅が終わり、真我で出発します

満月の法則と達観すること

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

新聞記事より抜粋します。

『「月の砂漠」の老夫婦』

「月の砂漠をはるばると旅のらくだが行きました」。

童謡「月の砂漠」に魅せられている。

たまたまテレビに流れた歌詞を見て、老夫婦がこうだったらとつくづく思ったからだ。

先の鞍に乗っているのは王子様ではなくおじいさんで、後ろの鞍には当然おばあさんだ。

二人は人生という砂漠を、らくだという名の運命に揺られながら、とぼとぼと進んでいく。

それぞれひもで結ばれた銀の甕と金の甕には、年寄二人の大切な思い出が詰まっていてほしい。

月の夜、二人は黙って砂丘を越えていく。

黙っているのは、言葉がなくても十分にお互いを理解し合っているからだ。

もはや子供向けの歌ではない。

ともに年月を重ねた夫婦の姿を歌っている気がする。

「広い砂漠をひとすじに二人はどこへ行くのでしょう」。

どこへ行くかはわからなくても、達観している二人は前に進む。

いろいろあったから、少々のことでは動揺しないのだ。

夫への不満。

老いや病気に関する不安。

私の心はいつもざわつき、穏やかな気持ちを保つことは難しい。

曲解でもいい。

私にとって「月の砂漠」は、夫婦の理想の姿を思い浮かべさせてくれる歌なのだ。


愛知県、主婦 69歳

この記事を読んで、達観という言葉が心に残った。

これこそ、満月の法則で生きる人生のことを言っている気がする。


月刊ニュースレター、VOL205学長の言葉より

「最初から全て吉報」

「満月の法則」という私の本をご存知ですよね。

おかげさまで発売から3か月足らずで10刷までなっています。

増刷に次ぐ増刷で各地の書店でベストセラーになっています。

その「満月の法則」の“満月”です。

向こうから「苦しい」「つらい」という「三日月」にしか見えないようなことが来ても、

三日月は無いわけです。

本来は満月しかない、まん丸なお月様しかないわけです。

ですから、先ほどの過去の出来事を「これで良かった」とやっていたことを

「前に持ってくる」のです。

前に持ってきて、向こうからくる「苦しい」「辛い」を良かったこと、

すなわち、向こうからくる「苦しい」「つらい」は素晴らしいことだ、

吉報だ、満月だ、と自分のところに来る前にそう受け止めていくのです。

向こうから「苦しい」「つらい」が来る前に、もうそれは吉報だ、満月だ、

としてキャッチする…ということができたなら、スゴイと思いませんか。

できたら・・・ではなく、できます。

クレームの電話が鳴っても、ネガティブな情報を持ってきた人がいたとしても、

向こうからくる時点で「素晴らしい」「吉報だ」とそれを受け止めることができるのです。

最初は意識的に「まんげつ、まんげつ・・・」と心の中で唱えたりしながら受けてみたり、

目の前の相手が話そうとして口を動かした瞬間に「吉報が来る!」と

意識的に思うようにしてもいいでしょう。

とにかく、向こうから自分に来る前に「吉報だ」「満月だ」とするのです。

 

答えが先

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

今朝は最悪の朝を迎えました。

昨夜の応援していた野球チームの敗北なども重なっています。

何とも言えない重苦しい悲しい心。

体全体が何とも言えない寂寥感に包まれています。

いつものように、布団の上で瞑想を始めました。

「真我の実践、真我の実践、真我の実践・・・」

くらい沈んだ心が霧が晴れるように消えていきます。

20分くらいたつと心の状態は別次元。

一体何なんだ。これは。

気持ちは心、霊体です。

真理の世界ではこれは無いもの。

命の働きはは常に完璧。

太陽に焦点を当てているうちに雲が消えていく。

そんな感じでしょうか。

月刊ニュースレター・心の学校VOL212「答えが先」より。

まず「答え」があります。

先ほども言いましたが、「答え」とは真我であり「愛」「愛そのもの」…

その「答え」から問題に向かうということをやっているのです。

普通は問題から答えに向かうわけですが、私のところでは「答えが先」で、

答えから問題に向かっていくことをやっているのです。

今あなたに起きている問題、世の中の問題…

その答えを先に見てからその問題に向かっていくとどうなるか‥

問題はなくなるわけです。

それも片っ端から消えていきます。

人間関係の問題でも先祖の問題でも、答えを先に見て問題にいくと全部自動的に解決していきますよ。

その答え(真我)は究極の…極致ですから。

そして、いろいろないくつもの問題があなたにとりまいていても、その答えは一つです。

問題が無限にあったとしても答えはただ一つ。

ですから、その答えを見て、その答えを生きればいい…

「答えが先」なのです。

もう答えは決まっていますから。

 

愛すること

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

新聞記事より抜粋してお伝えします。

「幸せをありがとう」

夢がかないました。

9月18日の敬老の日、長男が病院で結婚式を挙げました。

父親である私の夫は、多系統萎縮症という難病で、入院・療養中です。

この夏、息子から結婚の話を聞き、病院内で結婚式が挙げられないかと、

病院に相談してみました。

うれしいことに、病院側には快くOKを頂きました。

近所にある結婚式場に相談に行き、行きつけの美容師さんなどの協力を得て、

3週間足らずの準備期間ではありましたが、何とか間に合わせることができました。

当日は台風一過のすばらしいお天気。

夫は退職以来初めての背広にネクタイまで結んでもらい、車椅子で参加。

身内だけでと思っていましたが、病院のスタッフや以前からお世話になっていた

介護・訪問看護関係の方まで駆けつけてくれて、笑顔あふれる温かい結婚式になりました。

花婿花嫁の幸せそうな姿、そして夫の満面の笑みを見て、私はこの上なく幸せでした。

厳しい現実にくじけそうになることもありますが、

こんなにもたくさんの味方がいると思うと、私はこれからもがんばれそうです。

幸せをありがとうございました。

長崎市、59歳女性


「私の想い」


結婚式はいつ見ても感動をいただけます。

身内になると特別な思いがあります。

先日も、YSフォロークラスで、結婚を前にした幸せなカップルに出会いました。

心がとても温かくなって、不思議な気分です。

今まで教え子の結婚式にも呼ばれました。

会場では、みんなの祝福の思いが一つになって愛いっぱいの思いで満たされます。

これから私も、出会って頂けるすべての方々を愛したい。

 

 

タテの法則とヨコの法則

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

先日、尾石さん主催の「満月の法則」輪読とエクササイズ体験講座を受けました。

その中で、松尾さんとのやり取りで気がついたこと。

松尾さんがこのように言われました。

「完璧ポストは新しい原因を作れる。

それは、愛という新しい原因ですね」

その時は私は学長の「タテの法則とヨコの法則」を思い出しました。

タテとヨコの関係について学長の言葉を抜粋します。

人間が生きていくうえで最も大切な法則。

一つはヨコの法則である「心の法則」です。

これは仏教では、三界唯心、色界、無色界といいます。

この世はすべて人の心の影なのです。

これは原因と結果の法則、鏡の法則ともいえるのです。

原因がある限り結果は決まっている。鏡に映す前にどういう顔が移るか決まっている。

これをすべて素晴らしきものに変えられるのは、「タテの法則」。

この「タテの法則」は宇宙の法則(神の法則)

これは原因も結果もすべてないのです。

ゆえに心の法則は根本から変えることができるのです。

それを以前は「マジックミラーの法則」と言っていましたが、さらにどなたにも分かりやすく

明快にしたのが「満月の法則」です。

満月は「タテの法則」、三日月は「ヨコの法則」。

満月という前提でとらえることができたら、三日月は消え、書き変わるのです。

人の運命、社会の運命、人類の運命が根本から書き変わるのです。

このことを明快に発表したのは、世界で私が初めてです。

「私の想い」


何度も何度も聞いてきた学長のお話。

いまだに分かっていないことに気づかされました。

この満月の法則は、人生をつくる原因を書き変えることをやっている。

とんでもないことをやっているんだなといま改めてこの法則の価値の凄さに気づかされました。

 

 

同窓会での感動

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

10日の火曜日、故郷で中学校の同窓会がありました。

同窓会は、昨年度したばかりで、3年おきにやっていた会ですが

今年の6月に高校の同級生が亡くなり、友人が葬儀の席で10月に同窓会をやると決めました。

私は友人の葬儀に参加した夜、ブログで次のように書きました。

この年になるといつ友と会えなくなるかわからない。

みんなに会って、一人一人を抱きしめたい。

そして今まで、たくさんの愛を頂いたことに心から感謝を表したい。

会が始まって、どこかでそのような機会が取れないかと探っていました。

このような会では、なかなか話を聞いてもらえず、みんなの動きも鈍いようです。

前に出て、「久しぶりに会った友なので、みんなで握手やはぐをしましょう」と呼びかけました。

戸惑いながら、少しずつみんなが動き始めます。

私は次々と抱きしめていきました。

心を込めて思いきり抱き締めました。

気がつくとみんながはぐをしています。

あちこちで会話が弾んでいます。

会を開いた幹事の友が「あれが良かった」と言ってくれました。

二次会のカラオケの最後に、みんなで肩を組んで「若者たち」を合唱しました。

涙が出ました。

会が終わった後も、ずっとずっとみんなと一つになった温かさがありました。

一人一人と話すときは、今までの失礼を詫びながらプロカンの心で接しました。

私との会話の中で、一人一人の輝きが見えた時はなんともいえない喜びがこみ上げました。

学長が言われていた神鏡とはこのことか。

感動的な一日を終えて、余韻に浸りながら、学長に感謝の心でいっぱいになりました。

強い気持ちで

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

新聞記事より抜粋します。

「折々のことば」


肝を冷やすこと、やりきれなくなることも多いけど、最後はたいていどうにかなるものよ。


                           ある看護師長


たまたまかもしれないないが、これまで私の出会った看護師さんには、

おおらかというかへこたれないというか、豪放な方が多い。

看護師は命のトラブルや衰弱、さらにその終焉に立ち会う仕事だ。

つねにいのちの汀(みぎわ)に居合わせながら、

それでも最後は何とかなると腹を括ることができるのはなぜなのだろう。

腹が据わるというのは、場数を踏むうちに自ずと身につくものなのか。


このエッセイを読んでなぜか安心する自分がいる。

今年は実践の年と位置付け、これからカウンセリング、企業講師の経験を積みたい

と考えている自分にとって、とても励みになった。

学長も行動することが最も大事だと本やセミナーの中で仰っている。

今年の目標をやり遂げる時間はあと三か月弱。

絶対にやりとげるという強い気持ちを感じている。

チーム達人の会の開催も、実践の一つ。

市内のセミナーに参加して、会の進め方、ワークの取り入れ方、説明の仕方を学ぶことも

実践の一つ。

瞑想、回復進化ノートをつける、美点発見、満月吉報ワークなども

実践の一つに位置付けながら、毎日の生活を確立したい。

真我の実践

今日もメッセージをお読み頂きありがとうございます。

パソコンの不具合で、長く修理に預けていたため、ブログが滞ってしまいました。

今日から新たな気持ちで取り組みたいと思います。

この間、私自身に様々な出来事がありました。

かなり衝撃的なことも起こりましたが、真我の実践のおかげで救われました。

今までに学長のお話を聞き続けてきたことの成果が心底分かり、感激いたしました。

全てが完璧からのスタート。

全ては満月。

答えからの出発。

ここに尽きると思います。

心を自由自在に操れるようになれば、世界を征服できるとブッダは言われました。

学長も全く同じことを仰います。

世界は自分の心が作り出すからです。

いろいろと学長のセミナーに参加したり、DVDを見たり、聞いたりする中で

自分は何一つわかってないことに気づかされます。

ほんとにこの場からのスタートだなといつも思います。

真我の実践、今日からスタートです!